専業主婦に憧れる?独身女性が羨む理想と現実に迫ってみた!

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?ダウンロードはこちら⇩

マリッシュ

独身女性の皆さん。

結婚しても共働きが当たり前の時代

「もう上司に、こき使われるのはイヤだー!!」

と専業主婦に憧れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ソニー生命が今年の4月24日に発表しました「女性の活躍に関する意識調査2019」によりますと、独身女性の3人に1人は専業主婦になりたいとの結果があがっています。

それを踏まえまして、今回は

  • 独身女性が憧れる専業主婦のイメージ
  • 実際の専業主婦の現実

についてお伝えしていきたいと思います。

独身女性が憧れる専業主婦のイメージは?

1. 専業主婦は自由な時間が多い

専業主婦と言えば、旦那さんが帰って来るまでの間は自分だけの自由な時間をもてます。

もちろん小さいお子様がいる主婦の方は、育児に追われ自由な時間は少ないと思います。

外で働いている主婦の方と比べれば好きな時間で行動しやすいです。

昔から専業主婦は三食昼寝付きなんて言われたものですが

外で毎日働いて、家に帰ってもまた家事に追われる兼業主婦に比べると、なんて羨ましい・・・

独身女性がそう思うのも無理はありませんよね。

2. 子供と常に一緒にいられる

幼稚園、学校以外は子供と一緒にいられる時間が多いのも専業主婦ならではですね。

一緒に買い物や遊びにも常に一緒に出かけられます。

しかし、外で働いてしまうと毎日は難しくなりますよね。

ですので、独身女性は子供との時間を一緒に過ごせるのが多い専業主婦に憧れを抱くのではないでしょうか。

3. 趣味や習い事ができる

お料理教室、ピアノ、英会話など今まで出来なかった趣味や習い事は、専業主婦になった時こそ楽しめるのではないでしょうか。

専業主婦の方がSNSなどで

「旦那さんが休みの日は旅行を楽しんでます!」

などという投稿をしていると、独身女性は

「羨ましい!私も早く結婚して専業主婦になりたい!

と思うのも分かります。

ですが、ちょっと待ってください。

専業主婦の現実は本当にそうでしょうか?

私の妻には専業主婦の友人がいまして、その現実についていくつか話を聞いたことがあります。

今回はその話を元にして、実際の専業主婦の実態に迫ってみたいと思います。

実際の専業主婦の実態とは?

1. 専業主婦は自由な時間が多い=実際はない!

専業主婦にも自由な時間が多い方はいらっしゃいます。

しかしそれは2人暮らしや、夫もしくは妻の両親と同居で家事を手伝ってくれる家庭に限ります。

頼りが身近にいない、特に小さなお子様をお持ちのお母さんは朝から晩まで家事に追われ

「一日があっという間に過ぎていく・・・」

との声も少なくありません。

やっと家の用事が終わったと思ったら、今度は子供の宿題や明日のお弁当の仕込みなどなど、、、

やる事が山のようにあり、一日があっという間です。

「楽しみにしていたドラマを録画にしても、全然観る時間がない!」

と言う方も多いようです。

ほんの5分程度のコーヒータイムが

「ああ、なんて自由な時間なんだろう。」

と、感動する主婦もいると聞きます。

大げさに聞こえるかもしれませんが、それほどの激務を日々こなしている主婦もいると言う事です。

2. 子供と常に一緒にいられる=たまには1人になりたい日もある!

我が子は本当に可愛いし、愛おしいです。

しかし毎日ずっと一緒にいると、たまには友達や一人で買い物や映画に行きたいと思うのも人間です。

外で働いている主婦はその点、親や旦那さんに

「たまには良いかな?」

なんてお願いしやすい環境ではあります。

しかし、専業主婦の現状を理解している旦那さんなら別ですが

「1円も外で稼いでいない」

専業主婦には言いづらい面があります。

また、子どもの成長段階にもよりますが、子どもは基本的に親の思い通りにはなりません。

いくら可愛い子どもと一緒にいれたとしても、忙しい家事に追われながら、御構い無しにバタバタとはしゃぎ回る子どもをみてストレスを感じる事もあるでしょう。

その場合、家族の中で自分の気持ちを理解してくれる人が少ない専業主婦にとって、そのストレスが時には子どもに当たってしまう事もあるのです。

3. 趣味や習い事ができる=そんな余裕はない!

お金のかかる習い事ができる主婦は、旦那さんの稼ぎが良いと言う環境だったり生活費に余裕のある主婦に限られます。

しかしどれだけ旦那さんの稼ぎが良くても、子育てや将来の学費の事を考えると、実際には

  • 毎日スーパーのチラシと睨めっこで1円でも節約している
  • 家のローンや固定費に追われて余裕なんてない
  • 子どもの習い事で精一杯

という方も多いのではないでしょうか?

中には旦那さんの稼ぎだけでは追いつかず、独身時代に貯めていた貯金を切り崩して生活費にあてている主婦の方もいらっしゃるそうです。

専業主婦は本当に羨ましいの?

 

一部の調査によると、働きたくても保育所が見つからなかったり、親の介護で家を空けられないなどやむ負えなく専業主婦をしている声も多いそうです。

又、外の世界と接触する機会が少ない事で

  • 世の中に取り残されている気がする
  • 焦りや孤独を感じる

と不安になる主婦もいると聞きます。

余談ですが

アメリカのデータでは、専業主婦の仕事を時給換算に直すと、年収が1200万円になるという結果も出ているそうです!

専業主婦はそれを無償で働いているのです。

世の中には2種類の仕事があると言います。

ペイドワークと、アンペイドワークの2種類です。

ペイドワークとはお金になる仕事の事で、これがいわゆる仕事ですね。

アンペイドワークとはお金にならない仕事の事で、家事や子育てなどが例に挙げられます。

日本ではペイドワークが至上という考え方が蔓延しており、アンペイドワークは一切仕事としては認められておりません。

アンペイドワークを「無償労働」と考えているため、旦那さんの中には

「主婦は良いよな、子どもと遊んでいるだけで全く働かないんだから。

と考える人も出てくるわけです。

「酷い!そんな考え方は間違っている」

そう思いますか?

実は、専業主婦に憧れる独身女性も、同じ穴のムジナである事にお気づきでしょうか?

その事に気づけたら、もう

「いいなぁ、専業主婦って働かなくて・・・」

と安易に考える事はなくなるかもしれませんね。

専業主婦に憧れる?独身女性が羨む理想と現実のまとめ

 

今回の話をまとめますと、独身女性が憧れる専業主婦のイメージは

  • 自由な時間が多い
  • 子どもと一緒にいられる
  • 趣味は習い事ができる

でしたが、実際の専業主婦は

  • 専業主婦は環境にもよるが自由な時間は限られている
  • たまには育児から解放されて、友達や一人で遊びにいきたいのに言い出しにくい
  • 趣味や習い事ができるのはお金や時間に余裕のある人だけ

という事実が浮かび上がってきました。

いかがでしたでしょうか。

調べていくと専業主婦の方も思い描いている優雅な生活では無い事がわかりました。

もちろん資金に余裕のある方や、ご両親が子どもの世話をしょっちゅう見てくれるなど、子育てや家事に関して恵まれた環境にいる方は別です。

しかし、兼業主婦も地獄、専業主婦も地獄となれば

「結婚って、絶望しかないじゃない!」

となってしまいます。

しかし、本当にそうでしょうか?

結婚したら女性が優雅に楽しく生活するのは本当に難しい事なのでしょうか。

結論から言いますと、そんな事はありません。

共働きも、専業主婦も工夫次第で毎日を楽しく生活する事は可能です。

しかし、それにはやはり旦那さんや周りの協力が必要となってきます。

「これはああしよう」

「あれはこうしよう」

と共に理解し、協力しあって、あまり頑張り過ぎず明るく前向きに支え合っていけば、やがて解決の糸口は見えてくるものです。

確かに専業主婦も共働きも、それぞれ大変なところがあります。

しかし、それを二人で乗り越えていく事が夫婦の絆をさらに強くしていくのです。

「専業主婦じゃなきゃ絶対に嫌!」

「私は結婚してもバリバリ働きたい!」

それぞれ色々な考え方がありますが、その考え方に賛同してくれる結婚相手を探していきましょうね。

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です