結婚する時の迷いとは?好きかわからない場合の理由と対処法!

・シングルマザーと言った途端、恋愛対象から外された
・再婚したいけど、なかなか相手が見つからない

そんな悩みはありませんか?

異性の受けも悪くないのに、子どもがいる事を伝えたら
急にそっけない態度を取られたり・・・
バツイチというだけで、色眼鏡で見られたり・・・

でも、貴方は悪くありません。
貴方の事情を理解してくれる、素敵な異性と巡り合っていないだけなのです。

マリッシュというアプリでは

・再婚
・シングルマザー

などの事情を理解してくれる異性を
スマホでたった数分、検索するだけで無料で見つけられます↓
変更対象
ありのままの貴方を愛してくれる人を探しますか?
色眼鏡で判断されて時間を浪費し、一生を棒に振りますか?


今以上に年齢を重ねて、相手にされなくなる前に、初めてみませんか?

「再婚を考えている人って、どんな人かな?」
「シングルマザーを受け入れてくれる人って、どんな人だろう?」

ちょっと覗いてみるだけでも、異性に対するイメージが変わるかも?
女性は完全無料で全てのサービスが利用できます。
ダウンロードはこちら↓
無料でダウンロードする

「結婚してください」

そう告白された時、漫画やドラマでは女性が大喜びするシーンがありますよね。

しかし、現実ではそう感じない場合もあります。

「人生で1番嬉しい時のはずなんだけど…

何だろうこの気持ち、素直に喜べない…」

「今更だけど、あなたのどこが良かったんだろう?

あなたが好きなのかもわからない。

私って・・・おかしいのかな?」

そう感じる事もあるのです。

しかし、これって別に珍しいことじゃないんですよ。

ドラマと違って、感動どころか戸惑いしかない…

そんな心境に陥っても不思議じゃありません。

今回はその理由と、どうすれば迷いから抜け出せるのか?

その解決策を考えていきましょう。

結婚を喜べない理由1:交際が長い場合、恋愛感情が薄れているから

 

お付き合いを始めた頃は、精一杯のおしゃれをして、会話も相手の趣味に合わせながらも、新しい発見があるたびキュンキュン。

次に会う日が待ち遠しくなりますよね。

ときめきはMAX、最高に楽しい時で、相手のステキなところばかりが映ります。

でも、悲しいことにそれはずっとは続きません。

ふたりが長く一緒にいることでたくさん分かり合え、安心感も出てきます。

しかし、その分良いところも悪いところも出てきてしまいます。

気がゆるんでしまうんですよね。

「あれっ、こんなところがあるんだ。

なんか嫌だな…そういえば前にもこんなことあったっけ…

その時は全然気にならなかったのに…」

あなたは思い当たることはありませんか?

恋をすると、脳から快楽物質といわれるアドレナリンやドーパミンが分泌されます。

快楽物質が出ている間は、魔法にかかったように夢心地ですが、それは残念ながら長くは続きません。

恋愛感情を支える快楽物質は、最長でも3年しか持続しないと言われています。

恋の魔法は期限付きなのです。

結婚を喜べない理由2:わがままが当たり前になって、ストレスを溜めている

 

「もう、ワクワクはないけれど、一緒にいて楽なんだよね。」

これもよく聞く言葉です。

良いところも悪いところも一通りお互い出し切って、気を使わずにいられる関係は確かに楽です。

しかし、その一方でお互いにわがままも出てきます。

親子の関係なら、それで喧嘩になっても時間が経てば忘れてしまうことが多いですが、夫婦の関係となると話は別です。

夫婦はお互いがお互いを選んだ末の関係であるため、相手に

「こうあってほしい」

という願望を抱きやすいです。

そのため、親子の関係とは違ってわがままが要求に変わっていることが多いのです。

ですので、わがままを押し通してしまうと、相手にストレスを与えてしまいます。

そしてその記憶はずっと相手の心の中に残ってしまい、事あるごとに思い出され

「この人のことは好きなんだけど、なんかもやもやするなぁ…」

という心理になっていきます。

それでも、その争いが別れるほどじゃなかったり、実行する勇気もなかったりして、ついついダラダラ付き合っているとしたら…

そんな時に結婚話が出たとしたら、単純には喜べないでしょう。

結婚を喜べない理由3:マンネリ

 

幸せな時間が長くなると、何故かそれに慣れてしまうのが人間の悲しい性です。

長く付き合っていけば、その中で信頼関係が築かれます。

信頼関係なしには付き合ってはいけませんからね。

でも、信頼し合っているのだから、と安心してるとお付き合いがマンネリ化してしまいます。

付き合いだした頃は忙しくても時間を作って、景色のいいステキなレストランでお食事したり、遠くまでドライブデートしたり、お互い緊張感がありました。

しかし、今は

「仕事で疲れてるから」

の一言で、家の中でなんとなくダラダラ…この差は何?と思いますよね。

だんだん、愛されているのかさえ疑問に思えてきます。

そんな心のモヤモヤを抱えているときは要注意です。

家にいつも閉じこもっている訳ではないので、職場や友人たちとの付き合いなどで、常に色々な出会いが待っています。

ずっと前からの知り合いでも、ある時、ふっとステキに見えてしまう人が現れるかもしれません。

「あの人いいかも。今の彼と違って○○ができるし…」

「あの人もいいなぁ。今の彼は○○がダメだからなぁ…」

など、気づけば今付き合っている人と比べていたりしませんか?

そして

「マンネリ化してしまった関係を続けたまま、結婚していいのだろうか?」

「もっと自分に合った、ステキな人がいるんじゃないだろうか?」

「結婚はしたいけれど、もっと周りをよく見てからでもいいんじゃないか?」

そんな不安に襲われて、ますます心は揺れ動いてしまいますよね。

本当にこの人でいいのか、わからなくなりますよね。

後悔しないために、どうすればよいのか?

 

「相手にときめきを感じない…別れた方がいいのかな?」

「もっといい人が、どこかにいるかもしれない…」

特に付き合いが長かった場合、結婚を申し込まれたら迷いが強くなります。

よく、マリッジブルーなんていいますが、結婚は人生のとても大きな分岐点。

誰を選ぶかによって、人生は大きく変わります。

その先に待っているのは天国か、はたまた地獄か…

まるで人生を賭けたギャンブルのようです。

マリッジブルーになってしまうのは当然ですよね。

本当にこの人でいいのか、後になって後悔はしないのか…

そんなことは、現時点では誰にもわかりません。

ただ、厄介なことに

人間は失って初めてどんなに大切な存在だったかわかる生き物なのです

出来ることなら、失う前に大切さに気付いてほしいものです。

その人と歩んできた関係を振り返ってみて

  • 自分がどれだけ相手に依存していたか
  • 一緒にいてどれだけ安心していられたか

などをじっくり考えてみてはいかがでしょうか。

もし必要であれば、少し距離をおいてみるのもいいでしょう。

そして、考えた末にどうしても引っかかる部分があれば、思い切って話し合いましょう。

もしかしたら家族になるのですから、妥協はせず、勇気を出して思いを伝えるべきです

それでだめになるなら、結婚しても幸せにはなれないですよ。

結婚する時の迷いとは?好きかわからない場合の理由と対処法まとめ

 

  • 結婚を申し込まれた時、ドラマのように感動するとは限らない
  • 「本当にこの人でいいのだろうか?」と悩むのは不思議ではない
  • その理由は主に以下の3点があげられる
  • 恋愛感情を支える快楽物質は最長3年しか持たない
  • わがままが当たり前になり、ストレスが溜まっている
  • 関係がマンネリ化して、他の異性と比べる
  • それらの不安を乗り越えるためには、勇気を出して相手と話し合うことが大事

 

いかがでしたでしょうか?

プロポーズの際などに

「必ず幸せにします」

という言葉をよく耳にしますね。

でも、結婚は、どちらかが幸せにするものじゃなく、お互いに支えあって一緒に幸せを作っていくものです。

片方だけが頑張って、幸せになれるはずはありません。

「この人なら、支えたい」

その気持ちが大切です。

覚悟を持って前に踏み出してみてはいかがでしょうか?

・シングルマザーと言った途端、恋愛対象から外された
・再婚したいけど、なかなか相手が見つからない

そんな悩みはありませんか?

異性の受けも悪くないのに、子どもがいる事を伝えたら
急にそっけない態度を取られたり・・・
バツイチというだけで、色眼鏡で見られたり・・・

でも、貴方は悪くありません。
貴方の事情を理解してくれる、素敵な異性と巡り合っていないだけなのです。

マリッシュというアプリでは

・再婚
・シングルマザー

などの事情を理解してくれる異性を
スマホでたった数分、検索するだけで無料で見つけられます。

ありのままの貴方を愛してくれる人を探しますか?
色眼鏡で判断されて時間を浪費し、一生を棒に振りますか?


今以上に年齢を重ねて、相手にされなくなる前に、初めてみませんか?

「再婚を考えている人って、どんな人かな?」
「シングルマザーを受け入れてくれる人って、どんな人だろう?」

ちょっと覗いてみるだけでも、異性に対するイメージが変わるかも?
女性は完全無料で全てのサービスが利用可能♪
ダウンロードはこちら↓
無料でダウンロードする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です