婚活から逃げ続けた独身男の悲惨な現実とは?回避する方法を紹介!

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?ダウンロードはこちら⇩

マリッシュ

私の友人に、独身のまま結婚適齢期をすぎた人がいます。

彼は若いころはモテていたせいか

「結婚なんていつだってできるよ!」

とタカをくくっていました。

しかし、そんな油断をしていたがために

「いつのまにか適齢期を過ぎていた・・・」

そんな悲劇を迎えてしまったのです。

この記事を読まれている方には、彼のようにはなって欲しくありません。

そこで今回は適齢期を過ぎた友人A男の話を交えながら、彼が経験した悲惨な現実と、そうならない為の対処方法を考えていきます。

独身男の悲惨な現実とは?

 

男性30歳、女性27歳。

これは一般的に結婚適齢期と呼ばれる年齢です。

もちろんこの統計が全ての人に当てはまる訳ではありませんが

「結婚適齢期と自分の年齢」

を考えて、頭を悩ます人もいます。

私の友人A男も、結婚適齢期を30歳位だと考えていました。

30歳の頃は周りの人から

そろそろ結婚だね?

いい人出来たかな?

などと言われても、あまり気にしなかったといいます。

それが30後半~40前半になると、周りの人は

「早く結婚しないと親御さん心配するよ」

という言い方にかわり、A男は

「自分だっていい人がいればするよ。

ちょっと転職などで収入面が不安になっているから今は・・・」

など、煩わしさと焦りを感じたと言います。

それが、40代後半になると

「お子さんはいるの?」

「奥さんは仕事してるの?」

などと聞かれるようになり

「子どもいないんですよね~」

「結婚してないんですよ~」

と答えると

「あ~そうなんだ…」

「まあ、こればかりは縁だから…」

的な反応になり、非常に微妙な空気が流れ、言った側も言われた自分も気まずい気分になったと言います。

そうなって来ると

  • 結婚適齢期を逃した事への後悔
  • 自分自身に対する惨めさや寂しさ
  • 両親などへの罪悪感

を感じてしまい、毎日が辛いと考えるようになったといいます。

独身男の悲惨な現実、回避すべき方法は?

 

以上のように友人A男は、結婚適齢期を逃して、悲惨な現実に直面しています。

それでは、どうすればその悲惨な現実を回避することができるのでしょうか?

その方法をお伝えする前に、まずは適齢期を逃した男性の特徴をまとめてみます。

適齢期を逃した男性の特徴

  1. 年齢による風貌や体型
  2. 体調の変化
  3. 体力、気力による行動面や出会い
  4. 自分の年齢と相手の年齢による世代ギャップ

以上の特徴があります。

一つずつ見ていきましょう。

①:年齢による風貌や体型

やはり1番の変化は、若い頃と違う風貌の変化ですよね。

鏡を見ると一発でわかるこの現実・・・。

人は見かけではない!と言われますが、男前で若々しいと言うだけで自分に自信が持てます。

その勢いもあって、女性にも積極的にアプローチ出来たりします。

ですが歳を重ね老いて来ると、特に白髪が目立ち始めます。

また抜け毛による薄毛や、お酒等々による体型の変化など…

これだけで自分に自身がなくなり、女性に対して積極的にアプローチできなくなっていくのです。

②:体調の変化

また、歳を重ねるうちに体調面にも変化が表れて来ます。

腰、目、肩等々痛みや衰えなど、体調面が悪くなると人間誰しも精神的にも肉体的にも気力がわかなくなりますよね?

友人A男はそれによって、あまり外で遊ばなくなったと言います。

年齢の若い内は長距離ドライブや旅行も余裕でいける人でさえ

「腰や目が衰えると長距離運転は面倒だし疲れるから避けたい…」

「公共機関も時間的制限や、金銭面が気になって、家に居るのが楽でいいやー」

と考えてしまいがちです。

そうなると必然的に友達とも遊ぶ機会が減っていき、女性と出会うチャンスもなくなっていきます。

③:体力、気力による行動面や出会い

これは②の体調面と重なる部分がありますが、どうしても歳をとると、体力・気力が衰えてしまいます。

そのため、わざわざ時間とお金を割いて婚活しようと思えなくなっていきます。

どうしても年齢が高くなるにつれて体力に衰えを感じると動くのが面倒になり、休日も積極的に外出などはしなくなります。

平日の仕事以外は家でのんびりテレビ見たりインターネットやスマホで遊んでる方がいいなとなってしまうのです。

「それなら、合コンや女の子のいるお店に飲みに行けばいいのでは?」

そう思われる方もいらっしゃると思いますが、友人A男にそう聞くと、収入にも余裕がなく、とてもそんな事にお金と時間を使うことができないと言います。

④:自分の年齢と相手の年齢による世代ギャップ

なかなか出会いのない友人A男。

それでも職場などで女性と知り合う機会もあるようですが、独身女性はほぼ20代で、会話などで、どうしても年齢的なギャップを感じてしまうといいます。

それに自分の年齢などを考えると

「若い女性がおじさんなどを相手にするわけないよな」

と考えてしまって、気が引ける・・・それが現実なんだよ、と言います。

「なら、このまま独身でいいのか?」

そう尋ねると、それも嫌だといい

「自分自信の将来や親の事を思うと、良い人と巡り会いたい、そして幸せな結婚をしたい」

といいます。

悲惨な現実を回避するためにはどうしたらいいのか?

悩み1
  • 出会いがない
  • 女性と知り合う機会も時間も少ない

そう思う人は多いですよね。

私自身も職場を含め、あまり女性と知り合う機会がありませんでした。

しかし、一昔前とは違い現在は企業などが主催するお見合い方式の婚活パーティーや、合コンなど、出合いの幅が広がっています。

またインターネットなどのマッチングアプリ、自治体などが主催するお見合いパーティーなど多種にわたり婚活の場が設けられてます。

婚活パーティーは年収や年齢などのハードル高いから無理と感じる所もあります。

しかし、最近は比較的に年収や年齢なども考慮された婚活パーティーもあります。

そちらに参加してはいかがでしょうか?

悩み2
  • 金銭面で婚活が厳しい
  • 生活が苦しくて、それどころではない

そう感じる方もいらっしゃいますよね。

婚活パーティー・婚活バーなどお金がかかるから、と言われる方は自治体による婚活パーティーを利用するとは非常に低予算で婚活できます。

他にはインターネットなどを使った良心的なマッチングアプリや婚活サイトなどもあり、出会いの場も広がっています。

現代はインターネット等の広がりなどにより色々な選択肢も増えています。

その事を友人A男に話したら

「そうか、俺でも出会える場があるのか。」

そう言って、彼は重たい腰を上げて、一歩踏み出す決意を固めたようです。

独身男の悲惨な現実!その悲劇を回避する方法 まとめ

 

今回の話をまとめますと

結婚したい男の悲惨な現実
  • 年齢から来る体調や風貌の変化
  • 体力、気力の低下による行動などのモチベーションの低下
  • 世代(年齢による)ギャップ
そうならないための対処方法

・婚活パーティー、婚活バーなどへの参加
・マッチングアプリなどのインターネット活用
・自治体や地域などの婚活イベントへの参加(金銭面の負担軽減)

となります。

出会いがなく、悲惨な現実に打ちひしがれている方もいらっしゃると思います。

しかし、諦めてはいけません。

30代には、30代の出会いがあり、40代には40代の出会いがあります。

以上の方法以外にも、お見合い、友達紹介などの様々な方法があります。

まずは自分に1番合うと思える事から初めてみると良いのではないでしょうか。

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です