結婚できない!けれど子どもは欲しい男の心情とは?

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?ダウンロードはこちら⇩

マリッシュ

「結婚して子どもと楽しく暮らしたい」

「温かい幸せな家庭を築きたい」

と思う事はありませんか?

特に周りの友人や親戚、職場の同僚などが家族や子どもの話をしていると、ますますそう感じてしまうのではないでしょうか?

独身の人は、その話を聞くとマイナス思考に陥ってしまいます。

実際私もそうでした。

つい他人と比べてしまい、自分自身の現状に満足することができなくなってしまうからです。

そうなると幸せな家庭を築くための第1関門である「結婚」への道のりがどんどん遠のくばかりです。

今回は

  • なぜ結婚できないのか?
  • なぜ子どもがほしいと思うのか?

をまとめたのでご紹介します。

なぜ結婚できないのか?

 

「心から愛する人と家庭を持ちたい。」

「周りも既婚者が多いし、とりあえず自分も結婚しようかなと思ってきた。」

「小さい時から子どもが好きで子どもが欲しいから結婚したい。」

人それぞれ理由は違えど、結婚願望のある方は男女ともに少なくありません。

ですが、現実問題「結婚」というゴールまでの道筋は中々険しいものです。

そう簡単に到達することはできないでしょう。

(人それぞれ感じ方は違いとは思いますが、私はそうでした。)

それにはいくつかの理由が考えられますので見ていきましょう。

なんやかんやで理想を追い求めすぎる

  • 料理が上手な女性じゃないと嫌だ
  • ルックス、スタイルが良い人が良い
  • 高学歴で教養のある女性で家柄も良い

など、結婚相手には自分の理想を求めてしまいますよね。

一生を連れ添うパートナーは自分の理想の人物が良いと思うのは、当然といえば当然です。

ですが、はっきり言って現実はそんなに甘くありません!!

今考えると非常にお恥ずかしい話なのですが、私自身も婚活始めたてのころは理想を追い求めすぎる夢見る夢子ちゃんでした。(笑)

その頃の理想は

  • 家庭的で料理が上手
  • 目が大きく可愛らしい顔で、スタイルは細身で小柄
  • snsをやらず、自己主張はあまりせず控えめでおしとやか

こんな感じでした。

しかし、実際にはそんな理想通りの女性に出会う訳もなく…。

仮に出会えたとしても、その人と結ばれるなんてことは限りなく0に近いでしょう。

それに、私が理想を追い求めすぎることで特に良くないと感じたことは

「女性に対して、すごく視野の狭い、偏った見方をしてしまう」

ということでした。

こだわりが強すぎると、まだ相手のことをあまり知らない段階で相手の人間性を決めつけてしまいがちです。

そうなると、相手の良い一面を見つけだすことが難しくなります。

固定概念にとらわれず多面的で柔軟な考え方を持ちましょう。

結婚相手の条件に固執するのをやめると、相手の魅力に気付きやすくなります。

そうすると生涯のパートナーと出会える確率も高くなりますよ。

結婚したい欲が強すぎて、空回りする

婚活を始めるときは

「絶対結婚する!」

と強く心に誓いますよね。

しかし中々良い相手と巡り合えず、結果や手ごたえを感じられないままに時間だけが過ぎていくこともあるでしょう。

不安や焦りをどんどん感じてしまい、それが婚活にも影響して負のスパイラルに陥ってしまいます。

実際このようなパターンにハマる方は少なくありません。

結婚したい想いの強さが婚活の仇になってしまうのは、実に皮肉な話です。

見た目に対して無頓着すぎる

「人は見た目じゃない!」

という考えも立派ですが、やはり身だしなみがきちんとした人のほうが第一印象は断然良いです。

第一印象はその人の評価を決める上でとても重要な要素です。

そして心理学的にも、第一印象がその後のイメージや好感度にも大きく影響することがわかっています。

特に街コンや婚活パーティーなどでは、初対面から関係を構築しなければならないケースがほとんどです。

ですので、最初の印象が良くないと、出会いの時点でマイナスからのスタートとなってしまいます。

そうなると、自分の人柄を知ってもらう機会は減っていってしまいます。

最低限の身だしなみは必要です。

なぜ子どもがほしいと強く思うのか?

子どもが欲しいと強く願う気持ちは人それぞれ個人差はあります。

しかし、私たち人間も動物の一種である以上、子孫を残したいという欲求は潜在的、本能的に誰もが持っているものです。

では、どのような状態、状況だと子どもが欲しいと強く思うのでしょうか?

考えられる理由をまとめましたので見ていきましょう。

子どもと接する機会が増えたとき

30代~40代頃は周りに子どもがいる友人や親戚が増えてくる年代です。

そうなると、友人の子どもと出会ったり、姪っ子、甥っ子と遊んだりと子どもと接することも多くなるでしょう。

実際に接すると、子どもの純粋さ、可愛さに改めて気づきます。

してより一層子どもが欲しいと強く思うのではないでしょうか。

もともと私自身も、子どもに対して関心がそれほどありませんでした。

しかし20代半ばの時に、友達の子どもを預かる機会が何度かありました。

その際に子どもの天真爛漫な笑顔、突拍子もない面白発言にこちらも自然と笑顔になり、それ以来、子どもが大好きになりました。

そして

「将来父親として子どもと過ごすのは楽しいだろうなあ…」

と結婚への憧れも強くなったのです。

子どもとの思い出を作っていきたいから

「子どもと横に並んで、一緒に釣りをしたい」

「息子と公園でキャッチボールをしたい」

「娘と一緒にお菓子作りをしたい」

など、子ども、家族で素敵な思い出を共有できるのはとても素晴らしいことです。

結婚して子どものいる会社の同僚たちは、お盆休み、GWの長期休みがあれば大抵、家族でどこかに遊びに出掛けています。

「休みの日はゆっくりしてたい」

「運転、だるい」

と愚痴はこぼしていますが、楽しんできているのは伝わってきます。

家族、子どもとだからこそ作れる素敵な思い出が多くあるため、憧れも強くなるのでしょう。

やっぱり無条件に可愛い

マシュマロのようなもちもち肌に、たどたどしい動きや話し方、愛くるしい体型とルックス…。

子どもには可愛いと感じる要素がいっぱい詰まっていますよね。

私も赤ちゃんがニコッと笑ってくれただけで、体中の力が抜け、胸がキュンとなりとろけてしまうぐらいメロメロになってしまいます(笑)

毎年集まる正月やお盆も、親戚に子どもができたことで今まで以上に賑やかになりました。

いつも無口で無愛想な私の親戚Aですら、子どもにメロメロで終始笑顔でした(笑)

子どもはそばにいるだけで周りの人たちを笑顔にさせ、和ませることができます。

その存在感は絶大で、幸せを運ぶ象徴のように感じられます。

結婚できない!けれど子どもは欲しい男の心情とは?まとめ

 

結婚まで到達できない要因として様々な要因がありますが、主な理由としては

  • なんやかんや理想を追い求めすぎ
  • 結婚したい欲が強すぎて空回り
  • 見た目に無頓着すぎる

子どもがほしいと強く思う理由は

  • 子どもと接する機会が増えたとき
  • 子どもとの思い出を作りたいから
  • やっぱり無条件に可愛い

が挙げられます。

結婚適齢期になり、周りが結婚し始めれば「結婚」「子ども」という言葉が胸に重くのしかかってくる瞬間もあるかもしれません。

取り残されていくような感覚や年齢的な焦りも重なって、婚活することに臆病になってしまうこともあるでしょう。

そんな時には、まず一番に自分自身のことを大切にしてあげてください。

自分自身の頑張りを褒めてあげて、少しずつ幸せになる努力をすればいいのです。

そうすれば、思わぬところから幸せが訪れるかもしれませんよ。

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です