既婚者になったら独身を見下すようになった!?その理由とは?

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?ダウンロードはこちら⇩

マリッシュ
A子
既婚者ってそんなに偉いの!?

なんだかちょっと不機嫌そうな婚活女性A子さん。

実は同じく婚活をしていた、職場の先輩B子さんがお付き合いしていた男性と最近結婚したのです。

「新婚ホヤホヤ、幸せいっぱい」

の先輩からは、A子さんへのアドバイス?や、のろけが次々と飛び出してきます。

「やっぱり家族ができるって、安心だよね」

「誰かのために料理を作るって、こんなに幸せなんだ」

「A子も理想ばっかり追いかけてないで、条件下げた方がいいよ」

A子
(ああ、一緒に婚活を頑張ってきた仲間に先を越された・・・)

それだけでも心中穏やかでないのに、上から目線で続くお喋りにA子さんはうんざりしてしまいます。

「結婚はみんなが一斉にできるものではない」

ので、こういった状況がどうしても出てくることがありますね。

今回は

  • 既婚者が独身を見下す傾向にあるのは何故なのか?
  • 自分がそういう人にならないためには?

についてアドバイスしていきたいと思います。

既婚者が独身を見下しがちな理由とは?

 

では、なぜ結婚すると独身を下に見てしまいがちなのでしょうか?

その理由は主に

  • 勝ち組・負け組の意識
  • やりとげた達成感で気分が高揚している
  • 結婚で自分のコンプレックス解消と錯覚

の3つが挙げられます。

では、ひとつずつ見ていきましょう。

勝ち組・負け組の意識

「大人になったら結婚し、家庭を持ち、子どもを育てるのが当たり前」

という意識、あなたの中にもあるのではないでしょうか?

今は未婚率も増え

「結婚する自由、しない自由」

も、ある程度認知されるようになってきました。

それでも大多数の「大人」はある年齢を過ぎると、結婚していきます。

周りのたくさんの既婚者を見るうちに

  • 大多数=安心【既婚者】
  • 少数=不安【独身】

の図式を勝手に頭の中に描いてしまう独身の方も・・・。

「勝ち組、負け組」

などという言葉も流行し

A子
ああ、自分も早く【勝ち組】に入って安心したい!

そういう焦りから、婚活をされている方もおられるのではないでしょうか?

こうした方が

「結婚」で【勝ち組】

の仲間入りをするとほっとした安心感で【負け組】にいる(と思っている)独身の人によかれと思って、あれこれと「アドバイス」をしてしまうのかもしれません。

結婚は「勝ち組」に入るための手段ではもちろんありません。

「愛する人と家族」になり

「お互いの価値観をすり合わせながら」

一緒に暮らしていくことが結婚です。

もしあなたが結婚したあと、独身の人に見下すような言葉を投げかけたくないのなら

「結婚」=【勝ち組】

などという考え方はしないように普段から心がけてみてはいかがでしょうか?

やりとげた達成感で気分が高揚

「やっと結婚できた・・・!!!」

「いろいろ上手くいかなかったけど、でも・・・でもゴールイン!!!」

すんなり出会って、すんなり結婚された方は別として・・・

婚活された経験のある方は

「結婚相手を見つけるのって、本当に大変!」

だということを実感していらっしゃると思います。

例えば

「あなたが仕事で会社の命運をかけた一大プロジェクトの責任者になった」

とします。

市場リサーチ、他社との駆け引き、あらゆる手を尽くして臨みます。

しかし、成功するか失敗するかは誰にも分からない状態です。

長い年月をかけた結果、プロジェクトは大成功!!

周りからは次々と祝福の声が寄せられます。

「おめでとう!よく頑張ったね!!」

・・・結婚したばかりの先輩はまさに今、ここにいるのです。

「迷い、苦しみ、努力して努力して・・・」

「成功するかは分からない婚活を、やり遂げた私、すごいでしょう!?」

その気分の高揚が

「まだプロジェクトを成功させていないA子さん」

を、無意識のうちに見下してしまうのかもしれませんね。

ですが、結婚はあくまで【ゴール】ではなく、スタート地点に立ったに過ぎないのです。

これからパートナーと一緒に長い年月をかけて、成功させていかなくてはなりません。

プロジェクトを成功させて、達成感を得られたのはとても良いことです。

ですが人には人のペースがあり、特に婚活の場合は

「気持ち」が大切

であり、これによって上手くいかないこともあるのです。

ですから

「まだ達成できていない人を、下に見るような言動」

は、慎みたいものですね。

あなたが、結婚するときもきっと

「達成感と幸せでいっぱい」

だと思います。

「幸せな時は余計なことまで喋りがち」

なので、あまり舞い上がらず、周りから色々言われても

「質問されたことにだけ答えるように」

すれば周囲の人を煩わせることは、少なくなることでしょう。

結婚で自分のコンプレックスが解消したと錯覚したため

A子

どうしてお付き合いが続かないんだろう?

私の性格が悪いから、嫌われてしまうのかな・・・?

婚活を長く続けていると、そういった自分のコンプレックスと嫌でも向き合う状況が増えていきます。

「いいなと思う人からはお断り」

されたり

「何も思っていなかった人からは交際を希望」

されたりを繰り返しているうちに、だんだんと疲れてきて

「自分の良いところより悪いところばかりを気にする」

ようになってしまうのです。

「やっぱり私は美人じゃないから、好かれないんだ・・・」

「ちょっとわがままなところは、直しているつもりなんだけど・・・」

このような辛い時間を乗り越えて、ついに結婚する日を迎えた時

「自分のコンプレックスも一緒に消えた」

かのように錯覚される方も中にはいらっしゃるかもしれません。

「欠点だらけの私を受け入れてくれた人がいる」

ことで

「今まで抑えられてきた自己肯定感が最高潮に達した時」

まだトンネルの中にいる独身者に、自分の幸せを自慢したくなるのでしょう。

しかし、本来「コンプレックス」

他人に解消してもらうものではなく、自分の心の中で上手く共存していくもの

ではないでしょうか?

「共存」が上手くいけば

「欠点も自分の魅力のひとつとして考えられる」

ようになり、自信にもつながることでしょう。

もし、今あなたが

「コンプレックス」に悩まされており

「もう婚活自体が辛い・・・」

と、心が悲鳴を上げているようなら、こんな考え方はいかがでしょうか?

  • 結婚できないのは自分の欠点のせいではない
  • その婚活相手と感性が合わなかっただけ
  • 欠点は長所の裏返し
  • 欠点を含めたあなた自身を、受け入れてくれる人は必ずいる

他人から見れば頭も性格も良くて、いい意味で自信家で

誰もがうらやむ人でさえ、欠点というのはあるものです。

でも、そういう人は

「自分の中で上手くコンプレックスと折り合いをつけている」

ので、あまりくよくよ悩むことはありません。

自分に自信のある人の周りには、そのエネルギーに惹かれるように、自然と人が集まりますよね?

もし、あなたがコンプレックスと上手に付き合えるようになった時。

「まだ、出会えていない結婚相手」

もその周りの人の中にいるかもしれませんよ!?

既婚者が独身を見下しがちな理由 まとめ

 

既婚者が独身を見下しがちな理由は

  • 勝ち組・負け組の意識
  • やりとげた達成感で気分が高揚している
  • 結婚で自分のコンプレックス解消と錯覚

となります。

結婚したいから婚活をしているのに、既婚者になった途端、上から目線で話をされては、疲れてしまいますよね。

ですが

「相手もそこまで考えて人を不愉快にさせようと思っているわけではない」でしょう。

「ウエディング・ハイ」

だと考えて、聞き流すぐらいの大人の対応をしておきましょう。

結婚すれば、ご近所さんやママ友との付き合い等、聞き流さないといけない場面はたくさん出てきます。

今は、それを練習させてもらっていると受け止めて、乗り切っていきましょう。

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です