30代女性の婚活の現実は?厳しい理由はこんなところにあった!

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?ダウンロードはこちら⇩

マリッシュ

20代の頃は

「結婚なんてまだまだ先でいい。」

「そのうち相手が出てきて、普通に私も結婚するだろう。」

そう思っていたのに・・・

「学生時代から付き合っていた相手と女友達が結婚!」

入社した会社では

「同僚女性が社内恋愛で次々結婚!」

と、立て続けに結婚ラッシュを目の当たりにしても、私には何も起こらず、いつのまにか30歳をすぎ・・・

「このままじゃマズい!早く結婚相手を見つけなければ!」

「このまま一人で生きていくなんてイヤだ!」

とあわてて婚活を始めたものの、男性のほとんどが20代女子に殺到している光景を目にして

「30代女性の婚活って、こんなに厳しいの!?」

と、頭を抱える。

そのお悩みにあえて、たったひと言で答えるなら

「残念ながら厳しいといわざるをえません」

でも心配しないでください。

自分を見つめ直し、30代女性の婚活の現実を知れば、あなたは今までのあなたより

「いっそう魅力的になり、男性から好意をもってもらえる確率はだんぜん高まります」

今回は

  • 30代女性の婚活が厳しいといわれる理由
  • どう対処したらいいのか?

をアドバイスしていきますね。

30代女性の婚活が難しくなる理由は?

 

30代女性の婚活が難しくなる理由は、主に以下の3つです。

  • 年齢差のミスマッチ
  • 子どもが欲しいかどうか
  • 家事、お金の管理ができない

ひとつずつ見ていきましょう。

年齢差のミスマッチ

女性に相手との年齢差の希望を聞くと

「2~3歳上までの人がいいな、年下の人でもいい」

という方がいらっしゃいます。

ところが実際には男性は

「自分と年齢が近い人より、若い人を選ぶ」

といった傾向にあります。

「自然な出会いで先にお互いの性格を好きになり、あとから年齢を聞いた」

場合は気にならないでしょうが、残念ながら婚活では

「最初から女性の年齢が分かっているため、どうしても30代の女性より、20代の女性に声がかかりやすくなります」

男性の

「子どもがほしい、子孫を残したい」

という思いは、本能に基づくもので、より可能性の高い

「若い女性を無意識に選んでしまう」

のはある意味、仕方のないことです。

「どうして!私は実年齢より若く見られるのに!」

その気持ちはわかりますが、ここは事実を冷静に受け入れましょう。

変えられないことを悩む時間はもったいないですよ。

そのことを踏まえた上で

「相手の年齢の希望をもう少し広げてみる」

のはどうでしょう?

2~3歳上までがいいなあとおっしゃっていた方!

「プラス3歳」

対象年齢を上げてみませんか?

それだけで

「出会える人数がグッと増える」はずです。

もちろん、可能な方はもっと範囲を広げてもらえれば

「それだけ出会いのチャンスは、たくさんあなたに訪れるのです!」

子どもは欲しい?あまりこだわらない?

30代女性の婚活を考える上で、どうしても大切になってくるのがこの問題ですね。

「私は子どもが大好きだから、絶対2人は欲しい!」

「私ももう30代後半、できたら嬉しいけど、何が何でも子どもが欲しい・・・というわけでもないかな」

さて、あなたはどちらでしょうか?

今、この記事を読んでくださっている方は

「30代女性の婚活の厳しさを身に染みて感じている」

と思います。

「私の何が悪いんだろう・・・」

「どうしたら早く気の合う人に出会えるだろう・・・」

辛いお気持ち、お察しします。

では、どうしたらいいのでしょうか?

それは、先ほどの章と少し重なるのですが

  • 相手の男性の希望年齢をかなり上げてみる
  • 自分の希望していない職業の人にも会ってみる

ことを提案します。

もしあなたが30才なら、40歳ぐらいまでの方を。

38才なら50歳ぐらいまでの方を、範囲に入れてみるのはいかがでしょうか?

「えー!?そんなおじさんは絶対無理!」

「結婚相手として見られない!」

そうですよね。

あなたが嫌なら、もちろんそんなおじさんと

「結婚しなくてもかまいません」

でも・・・

もしかしたらその「おじさん」

  • 経済力があり、とても優しく、活動的で、あなたと趣味もピッタリ!
  • 仕事一筋でその年齢になってしまっただけ
  • 載せているプロフィール写真が、すごく残念で選ばれなかった

という理由で

「今まで相手にめぐり会っていなかっただけ」

ということも考えられます。

また、相手の職業も

「サラリーマンか公務員がいい!」

と決められている方も中にはいらっしゃるでしょう。

ぜひ

「その条件に留まらず、できるなら自営業やほかの職業の方にも、お会いしてみましょう。」

相手の男性の仕事は

「女性にとって生活に直結する大事なこと」

ですので、こだわりたい気持ちは分かります。

しかし、あまりにこだわりすぎると自分で出会いのチャンスを減らしてしまいますよ。

とくに「子どもはどちらでもいい」派の方には、この方法をおすすめします。

それぐらいの年上の男性ですと

「積極的に子どもは望んでいないかもしれません」

もちろん真剣に結婚する意志は必要ですが、最初から

「ダメ」

と決めつけずに色んな年齢、職業の方とお会いしていけば、少なくともあなたの「婚活経験値が上がります。

もし、結果的にダメだったとしても

「あなたの運命の人が目の前に現れたとき」

経験値が高ければすぐに

「この人だ!」

と確信できるようになりますよ。

一度、決めつけや思いこみを捨てて、活動してみるといいかもしれません。

家事、お金の管理のできない女性

今、婚活されているみなさんは

「ご両親と同居の実家暮らし」

または

「もう家を出られて一人暮らしをされている」

方もいらっしゃることでしょう。

実家暮らしの方は、生活費を少し家に入れる、または、家賃や光熱費を払う。

あとの給料は自分のものという方が多いと思います。

実家暮らしの方。

親御さんに、【食事】【掃除】【洗濯】をしてもらっていませんか?

一人暮らしの方。

給料のほとんどを【洋服】【アクセサリー】【海外旅行】などにつぎ込んでいる方はいませんか?

「子どもの頃から、ずっと親がしてくれているからそのままになってて・・・」

「私が頑張って仕事をして稼いだお金、何に使ってもいいでしょう!?」

こんな方は、要注意です!

あなたは

「結婚相手を幸せにする準備ができているか」

一度胸に手を当てて自分のこころに聞いてみましょう。

  • ひと通りの家事ができること
  • お金の管理ができること

これは結婚をしたいあなたにとっては、とても大事なことなんです。

多くの人が専業主婦だった昔と違って

「今は共働きの夫婦が多い」

仕事、家事、ゆくゆくは子育ても重なったら、その大変さをぜひ想像してみてください。

結婚したら2人の収入の中から

「必要なものを買い、料理を作り、暮らしていく」

ことになります。

お金の管理ができなくて

「全部使っちゃった」

では済まないことも出てきますよ。

「20代なら大目にみてもらえることも、30代では厳しくみられがち」

なのが、現状です。

もちろん、家事は女性の仕事ではありません。

共働きならよく話し合って、分担するのが上手くいくコツです。

でも、相手が疲れていて自分に余裕があったとしたら・・・

温かい料理を作って出してあげたら、ダンナ様は

「幸せだなあ」

と感じてくれるはずです。

「男性はどこかで女性に癒してほしいと思っている」

ものです。

女性もつらいとき、男性に優しくされたら、やっぱりうれしいですよね!?

男性は

「この人は家庭を任せられそうな人か」

を、あなたの言葉の端々から

「ちゃんと見ているのです」

その結果

「花嫁候補」から外されているのかもしれませんよ?

「仕事で帰る時間が遅くて、ついつい親に甘えていた」

「仕事が忙しくて、ストレスがたまっていろいろ買ってしまう」

そう思ってしまう気持ちも分かります。

しかし、上記の問題に心当たりがあり

「婚活に行きづまりを感じている」

なら、ひとつずつでもいいので自分でできるところは改善していきましょう。

そうすると婚活への道が開けてきますよ。

30代婚活女性の現実は?厳しい理由のまとめ

 

30代女性の婚活が厳しいと言われる理由は

  • 男性への希望年齢と、男性が希望する女性の年齢に差がある
  • 「子どもがほしい」男性は、20代の女性を選ぶ
  • 家事能力とお金の管理ができないと、結婚相手として敬遠される

 

年齢の条件を広げることには

「抵抗のある方」

もいらっしゃるかもしれません。

ですが、お会いした相手と絶対結婚しなければならないというルールはありません。

自分の考え方を広げてみたら、今まで視野に入ってなかった人が、突然あなたの

「王子様」

に変わるかもしれませんよ。

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です