結婚できないのは母子家庭育ちだから?婚活成功のカギは?

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?ダウンロードはこちら⇩

マリッシュ

母子家庭育ちとは結婚できない

そんな風に言われて落ち込んだことはありませんか?

育った環境のせいで結婚を反対されれば自信をなくしてしまいますよね。

「もしかしたら、ずっと結婚できないかもしれない」

そう考えてしまうのも無理はありません。

でも本当に母子家庭育ちは婚活に不利なのでしょうか?

母子家庭など、育った環境が原因で結婚できないと考える人は

  • 自分自身が持つ不安
  • 相手の偏見や無理解

を解消すれば、前向きに婚活出来るようになりますよ。

そこで、今回は母子家庭育ちに焦点を当てて

  • 母子家庭育ちが結婚に前向きになれない理由は?
  • 母子家庭育ちが敬遠される理由と、その対処法は?
  • 母子家庭育ちはどうやって婚活していけばいい?その心構えとは?

について考えてみましょう。

母子家庭育ちが結婚に前向きになれない理由は?

 

あなた自身が

「私は母子家庭で育ったから結婚できない

と思い込み、自信を無くしてはいませんか?

その根拠として

  • 母子家庭で育った事への劣等感
  • 両親のように離婚するのではという不安
  • 親子の依存関係
  • 家庭環境が原因で結婚が破談になった経験

というものが考えられます。

では、一つずつ見ていきましょう。

母子家庭で育ったことへの劣等感

あなたは母子家庭で育ったことを引け目に感じてはいませんか?

「こんな私では相手に受け入れてもらえないんじゃないか…」

「私と相手では育った環境が違い過ぎる

などと、結婚を躊躇う気持ちがあるのかもしれません。

しかし、そもそも育った環境は皆違うものです。

夫婦とはそれぞれの家庭環境や考え方の違いを受け入れ、歩み寄って成り立つものです。

それは母子家庭育ちであろうがなかろうが同じ事。

劣等感を抱く必要なんてありませんよ。

両親のように離婚するのではという不安

「もしかしたら両親と同じで離婚するのでは…

と不安が拭い切れない事ってありますよね。

両親の離婚で傷ついている場合、幸せな結婚生活をイメージするのは難しく感じてしまうのかもしれません。

そんな時は

「両親は両親、自分は自分」

両親が離婚したからといって、自分まで離婚する訳じゃない

と自分に言い聞かせて下さい。

自分の結婚をなるべく肯定的に捉えていきましょう。

親子の依存関係

「結婚すれば、お母さんに寂しい思いをさせるのでは

と思っていませんか?

母一人子1人で生きてきた親子の結びつきはとても強いものです。

しかし、それが時に依存関係になっている場合があります。

その様な場合、自分が結婚することで親を見捨てたような気がしてしまうのでしょう。

お互いを大切に思うからこそ、必要なのは互いに自立することです。

子どもが自立し、幸せであれば親も安心できるものですよ。

家庭環境が原因で結婚が破談になった経験

母子家庭育ちだから

という理由で一度結婚が破談になった経験をした人もいるでしょう。

そういった場合

また結婚を反対されるんじゃないだろうか

と疑心暗鬼になり、結婚に踏み出せない事もあります。

そんな人こそ、婚活で色んな人と出会いましょう

中には母子家庭育ちに対して否定的な考えをする人もいますが、全然気にしない人だっています

男性だって、同じく母子家庭で育った方もいらっしゃいます。

そう考えれば、あなたを受け入れてくれる人もいるとは思いませんか?

母子家庭育ちが敬遠される理由と、その対処法とは?

今や離婚は珍しい事ではありません。

しかし、母子家庭育ちと聞いて、急に態度を変え

結婚できない

という人もいます。

残念ながら、その相手との結婚は諦めなければならない場合もあるでしょう。

ただ、母子家庭育ちが敬遠される理由を知っていれば、対処法も見えてきます

その理由とは、例えば

  • 円満な家庭生活が送れなさそう
  • すぐに離婚を決意しそう
  • 同居や介護の確率が高そう

などのイメージがあるからです。

では、一つずつ紐解いていきましょう。

円満な家庭生活が送れなさそう

円満な家庭を知らない母子家庭育ちは

家庭を円満にする力に欠けているのでは?

という先入観を持たれてしまう事があります。

確かに、母子家庭育ちは

  • 恋愛や結婚に対して冷め気味
  • 幸せな家庭をイメージできない

という面もあるのかもしれません。

しかし、辛い思いや寂しい思いを経験したからこそ

幸せな家庭を築きたい

気持ちが強いという事をアピールしていきましょう。

すぐに離婚を決意しそう

母子家庭育ちは、身近な親の離婚を見ているので

すぐに離婚を決意しそう

という印象を持たれている場合があります。

しかし、両親の離婚を経験し、様々な苦難を乗り越えてきたのです。

そんな母子家庭育ちだからこそ

  • 親の苦労を知っている
  • 親を大切にする気持ちが強い
  • 我慢強い

など、強みもあるので、自信を持ってアピールしていきましょう。

同居や介護の確率が高そう

母子家庭育ちは

  • 他に身寄りがないから
  • 片親で経済的に余裕がないから

という理由で、将来的に同居や介護の不安が高まるのではと思われがちです。

でも、これってケースバイケースですよね。

例え両親が健在で揃っていたとしても、同居や介護の可能性はあるんです。

もし不安があれば、相手としっかりと話し合い、ある程度意見を合わせておきましょう

母子家庭育ちはどうやって婚活していけばいい?重要な心構えとは?

 

これまでお伝えしてきたように

「母子家庭育ちだから結婚が難しい」

という訳では決してありません。

ただ、相手の家庭環境が結婚する上で重要な決め手になるのは動かしがたい事実です。

そこで、母子家庭育ちが婚活で不利とならないためにも

  • 母子家庭育ちで得たものをアピールポイントにする
  • 母子家庭で育った事実を出来るだけ早い段階で相手に伝える

といった事を心がけましょう。

では、一つずつ見ていきましょう。

母子家庭育ちで得たものをアピールポイントにする

「母子家庭で育ちました」

「幼いころから身の回りの事は1人でこなしてきたので、家事が得意です」

などと、母子家庭育ちで得たものをアピールポイントにしていきましょう。

大事なのは、自分が母子家庭育ちだという事を卑下しない事です。

自信をもって相手にアピールしましょう。

母子家庭で育った事実を出来るだけ早い段階で相手に伝える

幸せな家庭を築くには

自分の家庭環境や価値観を理解し、受け入れてくれる

人との結婚が望ましいでしょう。

であれば、当然相手には出来るだけ早い段階で母子家庭育ちである事実を伝えるべきです。

しかし、中には当事者同士が納得していても、相手の親が反対する場合もあります。

そういった可能性も想定し

  • 相手の両親にも母子家庭育ちである事を話しておく
  • 両親とのコミュニケーションをしっかりとる
  • いざという時は相手と一緒に両親を説得する

などの努力は怠らないようにしましょう。

結婚できないのは母子家庭育ちだから?婚活成功のカギのまとめ

 

今回の話をまとめますと

結婚に前向きになれない理由とその対処法

理由は

  • 母子家庭で育った事への劣等感
  • 両親のように離婚するのではという不安
  • 親子の依存関係
  • 家庭環境が原因で結婚が破談になった経験

対処法は

自分の中にある不安を自覚し、育った環境や価値観に自信を持つ事

母子家庭育ちが敬遠される理由とその対処法

理由は

  • 円満な家庭生活が送れなさそう
  • すぐに離婚を決意しそう
  • 同居や介護の確率が高そう

対処法は

「不安があれば、相手としっかり話し合い、価値観のすり合わせを行う事」

婚活における心構え
  • 母子家庭育ちで得たものをアピールポイントにする
  • 母子家庭で育った事実を出来るだけ早い段階で相手に伝える

になります。

結婚できないと思っているのは、結婚に対して悪いイメージを持っているからです。

しかし、例え両親が健在で円満な家庭で育ったとしても

「本当にこの人と結婚していいの?」

など、誰しも結婚前は不安になるものなんです。

母子家庭育ちを引け目に感じる必要なんてありません

苦労して育った分、むしろアピールポイントは沢山あります

自信を持って婚活に臨みましょう。

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です