【成功率UP!メール・LINE術】失敗しないデートの誘い方は?

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?ダウンロードはこちら⇩

マリッシュ
婚活男性

気になるあの子とデートしたいけど、どのタイミングでデートに誘えばいいんだ・・・?

メールやLINEを使ったデートの誘い方がわからない・・・

この記事では、こういった悩みを解決していきます!

かくいう私も、デートのお誘いでは失敗ばかりでした…笑

私の失敗体験から学んだ知恵

メールやLINEを使ったデートの誘い方に関してのテクニック」

もお伝えしていきます。

メールやLINEでデートのお誘いをするうえで、必ず把握しておかなくてはいけないことがあります。

それは、相手との【関係値】です。

相手との関係値によって

  1. デートに誘うタイミング
  2. デートの誘い方

この2つが変わってきます。

相手との関係値をしっかり把握したうえで

「関係値にあった①と②ができれば」

メールやLINEでデートのお誘いをしても失敗する確率を下げることができます。

むしろ、テクニックによって

「成功確率を上げることもできます!」

まずは相手との関係値を把握する重要性について詳しく解説していきます。

 

【最重要!】すべては、今のあなたと相手の関係値

 

例えば、仕事の通勤途中、目を見張るほどの美人に遭遇したとします。

あなたはいきなり

「おきれいですね。私とデートしてくれませんか?」

と話しかけたらどうでしょう?結果は明らかですよね?

メールやLINEではなくリアル世界を例えにしましたが、

要するに、相手とデートに到達するまでの関係値を築けていない段階で

「デートしてください!」

といわれても、断わられる確率が高いということです。

なぜ断られる可能性が高いかというと

「お互いの情報が全くないからです。」

『情報がない=関係値がつくれていない』ということになります。

関係値がつくれていない相手とはデートしたいとは思いませんよね。

ただし

「必ずしも密な関係値を築かないとデートのお誘いができない」

というわけではありません!

相手の性格的なものにもよるので、そこはしっかり見極めましょう。

デートのお誘いをするときは

「いま相手とどれくらいの関係値をつくれているか?」

を一度しっかり考えてみてくださいね。

関係値によってデートに誘うタイミングは変わってきます。

ここで、関係値とタイミングが密にかかわっていることがわかる私の失敗談をお話します。

いい意味で参考にしてくださいね。笑

失敗談: 相手との関係値を一番知っているのは”自分”です!

婚活していた当時、わたしには皆さんと同じようにデートに誘いたいと思っていた相手(A子さん)がいました。

友人Bさんが紹介してくれた子で、容姿はかなり私の好みでした。

性格とかは少しずつ知っていければと思っていました。

なので、メールでのやり取りが基本で、趣味の話などたわいもないやり取りを1ヶ月ほどしていました。

そしてある日

友人B

A子さんと最近どう?デートとかしてるの?

・・・もしかしてもう付き合ってるとか?

悟史

いやいや、全然そんなことないよ!

まぁ、メールでやり取りはしているけど・・・

友人B
えっ、もう1ヶ月くらい経つんでしょ?

デートもしてないとかヤバくない?

悟史
そ、そうかなぁ・・・

この日を境に私の中で”何かの焦り”を感じるようになりました。

悟史の心の声
(1ヶ月も連絡とっててデートもしていないのは脈ナシなのかなぁ)

そんなことを考えるようになり、私はとうとうダメな行動に出てしまいました。

悟史
A子さん、連絡とりだして1ヶ月くらい経つね。そろそろデートとか行かない?
A子
ごめんなさい。まだお互いのこと全然知らないし、デートするのは早いからまた今度にしよう。

悟史
・・・。

これが私の失敗談です。

この経験から学んだ教訓をまとめています。

  • 重要なのはメッセージをやり取りした期間じゃない
  • 相手との関係値をだれよりも知っているのは”自分”と”相手”だけ
  • 他人のアドバイスは真に受けない、参考程度に
  • 関係値に合わせたアプローチを!

客観的にみたデートに誘うべきタイミングと、適切なタイミングは違います。

相手との関係値に焦点を当てて、アクションしましょう!

メールやLINEで、デートに誘うタイミングとは?

 

ズバリそれは

「お互いが自分の情報を共有できたタイミング」

になります。

逆に、デートするうえで情報が不十分と感じるのであれば

「お誘いするタイミングではありません」

そういう場合はたいてい相手も同じことを感じています。

当然、全部の情報を共有することなどほぼ不可能なので、”ある程度”で大丈夫です。

重要なのは

「知らなすぎる状況でデートのお誘いをしても断られる可能性が高い」

ということです。

ここで大切なのは

「相手をしっかり知ること、自分の情報も開示すること」です。

このバランスが崩れてしまうと

「相手に対して質問攻めになってしまったり、まったく自分のことを話さなかったら不信感を持たれてしまいます」

このバランスが取れて、お互いのことをある程度知れたときがデートのお誘いをするタイミングです!

失敗しないデートの誘い方とは?

デートの誘い方で知っておくべき大切なことが3つあります。

それは

  1. デートに誘う前の流れをつくること
  2. NGフレーズ集を知っておくこと
  3. テクニックを知っておくこと(参考程度に)

(③に関しては、必ずテクニックを使ってデートに誘いなさいというわけでなく、知っておけば自分の引き出しとしてプラスになるということで紹介します)

それでは早速①から解説していきましょう。

①デートに誘う前の流れをつくること

重要なのは、デートに誘う前の流れをつくることです。

例えば、趣味の話題で盛り上がっていたのに文脈を無視して

「デート行きませんか?」といっても急展開過ぎて相手もびっくりしてしまいます。

違和感がないように自然にお誘いするのがベストです。

例えば、最近はやっているカフェやお店、趣味などを話題にしつつ

「〇〇さんも△△カフェ興味あるんだね!ちょうど私も行ってみたいと思ってたんだ。よかったら今度一緒に行かない?」

のように

「相手が興味を示したものに便乗しながら、一緒に出掛けるような感じで誘う」

ことができればとってもいいです。

デートに誘う際には、前後の文脈や流れを意識してみましょう!

②NGフレーズ集を知っておくこと

①で解説したように文脈に対して自然にデートに誘うことができても

「誘い方がダメで失敗してしまうことも・・・」

ここでは避けるべきNGフレーズを紹介します。

  • ”デート”という言葉を使って誘う
  • デート先のハードルが高い(遠出、遊園地、お高いレストラン、etc.)
  • 丁寧すぎる(硬い)言い回し

まとめると、相手が構えてしまうような言い回しは避けましょう。

デートと強調して誘ったり、デート先がカップルで行くような場所だったりすると相手は構えてしまい、気軽に「いいですよ!」とは言えなくなってします。

「ランチ行こうよ!」「飲みに行こうよ!」

など気軽に行ける場所、言い回しで誘ってみましょう。

③テクニックを知っておくこと(参考程度に)

参考までに、心理学を利用した誘い方のテクニックをいくつかご紹介します。

【イエスセット話法】

小さなイエスを積み重ねる→小さなことでも、イエスを繰り返していると「ノー」といいづらくなる。

「今日晴れたね」

「うん」

「今日行く喫茶店って、食べログでみたけどどうだった?」

「うん、星5つだったよ」

・・・など、少しずつイエスを積み重ねてから、デートに誘うと成功率がアップしますよ。

【誤前提提示】

2択で聞いてみる→2択で聞かれると、ほとんどの人はどちらかを答えてしまうものです。

「デートってどこにいきたい?遊園地?それともレストラン?」

→デートに行くか?行かないかではなく、行くこと前提で二択を提示します。

これでデート自体を断りにくくさせる作戦ですね、

【フットインザドアテクニック】

小さなお願いを先にする→まずOKされるような小さなお願いをしたあとに、本命のお願いをする。一度OKをすると、次も断りにくくなるものです。

「あっ、ごめん。ちょっとケータイ持ってて」

「うん」

「ありがとう。

あっ、ちょうど良かった。

僕最近LINE始めたんだけどちょっと使い方わからなくて・・・

試しにQRコードで友達登録できるか試していいかな?」

などですね。

NGフレーズを避けつつ、こういったテクニックを使っていけば成功確率は上がっていきますよ!

必要に応じて、活用してみてください。

【メール / LINE】デートの誘い方のまとめ

 

結局一番大事なのは、相手との【関係値】となります。

関係値=相手との距離感=お互いの情報量

それをふまえて

  • 相手との関係値をしっかり把握し、それに合わせた適切なアプローチ(タイミングや誘い方)をする
  • 最初から直接的な言葉で誘ったり、デートを強調させる場所(恋人同士が行くスポット等)に誘うのは控え「気軽にお出かけ」感覚な誘い方や場所選びをする
  • まず第一に相手のことを理解しようと、知ろうとする

このようにしてみてはいかがでしょうか?

相手のことを知ったうえで、気軽にOKがもらえる誘い方をしていきましょう。

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です