実家暮らしは何歳までOK?結婚に辿り着ける許容範囲とは?

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?ダウンロードはこちら⇩

マリッシュ

皆さんは実家暮らしの男性、もしくは女性についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

私が婚活で出会った女性に話を聞くと

「実家暮らしだとマザコンなの?と思ってしまう。」

「結婚するなら家事の一通りはできていないと困るよね。」

「実家暮らしの人って結婚相手としては、ちょっと考えられないな」

と、ネガティブな意見がかなり多かったです。

実際、婚活では実家暮らしは不利になる事が多いです。

「実家暮らしは自立していない」

そう思われてしまい、婚活では敬遠されてしまうのです。

しかし一方で、20代の働き始めたばかりだと金銭的に余裕がなく、実家暮らしでも仕方ないと見られている事も確かです。

では実家暮らしは何歳までが許容範囲なのでしょうか?

本当に実家暮らしだと婚活は難しいのでしょうか?

今回は

  • 実家暮らしが許容範囲とされる年齢は?
  • 実家暮らしの実態は?
  • 実家暮らしの人と結婚するメリットとデメリットは?

を探っていきましょう。

実家暮らしはいくつまでが許容範囲?

 

世間一般的には、30歳までには一人暮らしすることが普通だとされています。

その根拠は

  • 20代の前半は働き初めであるため
  • 20代半ばでもまだまだ給料が少ない
  • 30歳はある程度の社会経験も積み、自立できる年齢であるため

と思われるからです。

また、婚活市場では30~40代がメインになってくるため

「一人暮らししていて当たり前」

と考える人が多く、実家暮らしは敬遠される傾向にあると言えます。

実家暮らしの実態は?

 

例え実家暮らしであっても

  • 家事をすすんでこなしている
  • 片親で、心配なので一緒に住んでいる

など実態を見れば、一概に実家暮らしが悪いとは言い切れません。

それに、実家暮らしの人と結婚するメリットだってちゃんとあります。

実家暮らしの皆さんは、以下にお伝えします

  • 実家暮らしの人と結婚するメリット
  • 実家暮らしの人と結婚するデメリット

をご理解していただき、積極的に相手にアピールしていきましょう。

実家暮らしの人と結婚するメリットは?

 

実家暮らしの人と結婚するメリットには

  • 貯金が多く、金銭的に余裕がある
  • 共同生活に慣れている
  • 家族と仲が良い

といったものが挙げられます。

では、一つずつ見ていきましょう。

貯金が多く、金銭的に余裕がある

実家暮らしの場合、家賃・光熱費・食費などのお金がかからないため、金銭的に余裕があります

堅実に貯金をしていれば、1人暮らしの人よりも貯金額は大きいです。

ただし、中には浪費癖がある人もいますので

  • 人付き合いにお金を使い過ぎている
  • 身につけているものが高価な物ばかり

という場合にはお金の使い方を見直し、貯蓄に回すようにしましょう。

共同生活に慣れている

実家暮らしをしている人は、周りに気を使うことを毎日トレーニングされています。

例えば一人暮らしだと、いつ、どこで、どんな食事をするかは自分次第ですよね。

外食でもコンビニ弁当でも自炊でも、その日の気分で決めることができます。

ですが実家暮らしだと、家族が夕食の用意をしてくれているのに、何も告げずに外食して帰るなんてできません。

また、一人暮らしに慣れていると起床時間や就寝時間も自由です。

よって、休日もなかなか起きられなかったり、夜更かしが当たり前だったりします。

自分だけの生活リズムが確立して、それに慣れてしまっていると、なかなか同居人との生活に馴染めなかったりするんです。

以上の点で、実家暮らしの方が結婚という共同生活にすんなり入れると言えるのです。

家族と仲が良い

実家暮らしの人は同居している家族との仲が良好だという特徴があります。

何かあった時には近くにいる身内は頼りになります

例えば、将来子どもが出来た時などは親の存在がとてもありがたいです。

子どもが熱を出したのに、仕事を急に休めない時、快く預かってくれたりします。

しかし、相手からすれば、窮屈な思いをする事もあるかもしれません。

実の両親でないのですから当然です。

その点を理解し、上手く相手を家族の輪の中に入れていきましょう

実家暮らしの人と結婚するデメリットは?

 

では、実家暮らしの人と結婚するデメリットは一体何でしょうか?

  • 金銭的に問題を抱えている
  • 家事ができない
  • 親との同居や介護の義務

などが考えられます。

では一つずつ見ていきましょう。

金銭的に問題を抱えている

実家暮らしの人は金銭的に余裕があるため、貯金しやすいという事でした。

しかし、実家暮らしであっても必ずしもお金に余裕があるとは限りません。

  • そもそも一人暮らし出来るだけの稼ぎがない
  • 浪費癖があり、貯金が出来ていない

という場合は結婚しても生活は苦しくなります。

今ある収入でやりくりすることを覚えなければ、結婚は難しいでしょう。

家事ができない

実家暮らしをしていると、料理や洗濯など身の回りのことを家族がしている場合が多いです。

仕事を持っていればある程度は仕方ないと思います。

しかし、休日も掃除や洗濯、ゴミ捨てなどの家事を一切やらず、家族に任せきりというのは問題ありです。

「自分は家事をやらなくていい」

という意識があるとすれば、結婚後も同じ様に家族に任せきりにしてしまうでしょう。

このケースは、家事のやり方や大変さが分かっていない可能性が高いので、その意識から見直していく必要があります。

親との同居や介護の問題

親が病気がちだったり、要介護者の場合は結婚後も同居や実家の近くに住むという選択肢を考えて行かなければなりません。

このケースは相手とよく話し合って、実家の両親との関係を良好に保てる努力が必要になってきます。

特に実家の両親と同居する場合は

  • 料理の味付け
  • 部屋の片付け方
  • 子どもが生まれたら、その教育方針

など、お互いの考え方を擦り合わせていく必要があります。

もちろん、全く同じ考え方を持っている人はいません。

ですので、お互いがどこまで歩み寄れるのか?を考えていきましょう。

どうしても

「考え方が全然合わない!ご両親の顔を見るだけでイライラが止まらない!」

と思うのであれば、お相手を考え直す必要があります。

実家暮らしは何歳までが許容範囲?のまとめ

いかかでしたでしょうか?

  • 実家暮らしは一般的に30歳までは実家暮らしの許容範囲
  • 根拠は、その年齢になると社会経験も積み、自立できると思われているから
  • しかし、実家暮らしが一概に悪いとは言い切れない

ことが分かりましたね。

また、結婚相手に実家暮らしの人を選ぶメリットが

  • 貯金が多く、金銭的に余裕がある(ただし浪費癖の人を見極める必要あり)
  • 共同生活に慣れている(家族に気を使う必要があるため)
  • 家族と仲が良い(いざという時頼りになる)

デメリットが

  • 金銭的に問題を抱えている(浪費癖や金銭感覚が無いある場合)
  • 家事ができない(家族に任せきりの可能性あり)
  • 親との同居や介護の義務(考え方が全く合わないと苦労する)

であることが分かりました。

確かに婚活では、実家暮らしの人への風当たりは強いです。

しかし、これは一人暮らしをしていると

「自立した社会人である」

という見られ方をするからなのです。

つまり、自立していると相手に認められれば

年齢問わず、実家暮らしでも結婚できる

ということになります。

結局のところ、実家暮らしがいくつまで許容範囲か、と言うのは一般論に過ぎません。

むしろ、実家暮らしだからという理由で相手を遠ざけてしまっては、せっかくのチャンスを逃してしまいかねないんです。

また、あなたがたとえ実家暮らしをしていて

「実家暮らしの人と結婚なんて考えられない!」

そう言われて相手にされなくても

「ああ、この人とは相性が悪いだけだ」

思って気持ちを切り替えれば大丈夫です。

自信を持って婚活に臨んでくださいね。

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です