独り身の30代は寂しい、寂しさ募る生活とその対処法とは?

・シングルマザーと言った途端、恋愛対象から外された
・再婚したいけど、なかなか相手が見つからない

そんな悩みはありませんか?

異性の受けも悪くないのに、子どもがいる事を伝えたら
急にそっけない態度を取られたり・・・
バツイチというだけで、色眼鏡で見られたり・・・

でも、貴方は悪くありません。
貴方の事情を理解してくれる、素敵な異性と巡り合っていないだけなのです。

マリッシュというアプリでは

・再婚
・シングルマザー

などの事情を理解してくれる異性を
スマホでたった数分、検索するだけで無料で見つけられます↓
変更対象
ありのままの貴方を愛してくれる人を探しますか?
色眼鏡で判断されて時間を浪費し、一生を棒に振りますか?


今以上に年齢を重ねて、相手にされなくなる前に、初めてみませんか?

「再婚を考えている人って、どんな人かな?」
「シングルマザーを受け入れてくれる人って、どんな人だろう?」

ちょっと覗いてみるだけでも、異性に対するイメージが変わるかも?
女性は完全無料で全てのサービスが利用できます。
ダウンロードはこちら↓
無料でダウンロードする

皆さん婚活はちゃんとやっていますか?

独身者の中にはまだ婚活やっていないひともいます。

  • 結婚もしてない
  • 恋人もいない

そんな生活はきっと寂しいモノでしょう。

今回は独り身の人が味わう寂しさはどれ程なのか解説していきます。

独り身はどれ程寂しいの?

 

独り身とは、結婚はおろか恋人もいない状態です。

これは家に居ようと外に居ようと一人で活動することになります。

そんな生活は寂しさのオンパレードです。

その具体的なモノは以下の5つです。

一つずつ見ていきましょう。

病気で寝込んだ時

体調不良などで寝込むと、静かな部屋で

「ああ、自分は一人なんだ」

と強く認識させられます。

体調が悪ければ何もできません。

  • テレビなどで暇もつぶせません
  • 外に出掛けられない
  • 趣味を楽しむ事もできません

そのうえ誰とも話さず過ごすのは精神的に辛いです。

でも、独りですからどうにもならない…

独りぼっちとは心が休まることが出来ないのです。

友人が結婚した、恋人が出来たと報告してくる

昔から仲良し、休日は必ず遊んで過ごすそんな友達。

でもいつまでその関係が続くのでしょうか

友人にもそれぞれ人生があります

  • 恋愛や結婚
  • 転職や起業
  • 引越し

これら人生のターニングポイントは人間関係に変化を与えます。

特に結婚や恋人が出来るとこれが顕著になります

  • 遊びに誘っても断ってくることが多くなる
  • 家族や恋人の話ばかりされる
  • 周囲の環境の変化で人間関係が変わる
  • 友人のSNSの幸せな写真

これは独り身の人とって決して面白い話ではありません。

徐々に嫌気がさして友情が冷めてどんどん疎遠になっていくのです。

誰だって自分を受け入れてくれる異性が一番です。

30代は人生の中でもターニングポイントとなる出来事が多くなります。

結婚もその一つで特に人生において大きな出来事です。

結婚後に友人との付き合いが薄くなることが良くあります。

だから昔から仲だからずっと続くとは限らないのです。

自宅に帰った時、一人で自宅にいる時

皆さんにとって自宅は一番安らげる場所でしょう。

ですが、時に自宅は一番寂しい場所にもなります。

特に一人暮らしの場合は

  • 帰宅したときの真っ暗な部屋
  • 夏は暑く、冬は底冷えする
  • 家事という逃れることの出来ない仕事
  • 話相手もいない孤独感

こうした現実が突きつけられます。

しかも一人暮らしだと家事は全部こなさないといけません。

誰かに感謝もされず面倒な家事を毎日欠かさず、やり続けるのです。

結婚や恋人と同棲していればこういったこともないんです。

特に30代に入ると周りが結婚したりするので

1人暮らしの境遇が余計に寂しく感じられるのです。

街中やイベントの時に独りであると思い知る

独り身の人間が外を見ていると目に付くのが家族連れやカップルの姿。

それは季節や場所問わず目に付くのです。

例えばこんな場所

  • 繁華街やデパートで
  • 観光地で
  • 近所の公園で

季節のイベントだと

  • ゴールデンウィーク
  • 夏休み
  • クリスマス
  • 初詣

これはみんなで行けば笑顔があふれますが、独りだとどうでしょう?

周りは家族連れやカップルが幸せそうな笑顔で楽しんでいます。

それに比べ自分は独り、寂しくて惨めな気持ちになるだけです。

独りだと楽しさと幸せを共有できません

自分の生きた証が残らない

結婚をすれば多くの夫婦は子どもが出来るでしょう。

それは未来に自分の生きていた証を残すことです。

これはお金で買えるものではありません。

しかし独り身の人間は子どもは残せません

「でも仕事で功績は世の中に残せる!」

と思う方がいるかもしれません。

でも自分の仕事で名を残しても、それは生きた証になるでしょうか?

過去の出来事は徐々に記憶から薄れてしまいます

最後にはあなたの事は忘れ去られてしまうでしょう。

子どもは親の事を忘れることはないし

何よりその子どもが自分が生きた事を証明できる存在で、あなたが確かにここにいたという、唯一の証人なのです。

独り身のから抜け出すには

独り身の生活が、どれほど寂しいモノなのかを説明してきました。

ではこれから抜け出すにはどうしたら良いのでしょうか?

その方法は以下の2つです。

結婚前提の婚活をやる

最善の方法はズバリ結婚です。

「婚活はいままでやってきたよ」

という方がいるでしょうが、これが一番の方法なのです。

結婚して家庭を持つことは自分の居場所を作る事でもあるのです。

でも結婚は年齢的な限界があり特に30代以降は呑気に構えていると

結婚の機会を逃してしまいます。

30代が婚活をする方法

  • 結婚相談所
  • マッチングアプリ
  • 街コン

この3つが良い方法です。

繰り返しますが30代以降は結婚できない可能性が高まります

20代の恋愛から結婚という流れは時間の無駄です。

結婚するために覚悟して臨みましょう

趣味や仕事に没頭する。

結婚が出来ないもしくはする気がない場合はどうするか。

それは自分が没頭できる事を見つけ、寂しさを忘れる事です。

さっきは仕事を否定的に言いましたが、寂しさを和らげる方法としてはとても有効です。

同じく趣味を持つのも良い方法で、没頭できるモノがあると

  • 寂しさから気を逸らせられる
  • 周りに仲間ができ、孤独ではなくなる

これにより寂しさが和らげるワケです。

ですが、これは長期的に見ても良いとは言えません

仕事仲間や趣味友達も何らかの理由で別れる可能性があるからです。

それに老後の事も考えると結婚して家族を作る方が良いのです。

この選択肢は結婚までの中継ぎと考えましょう。

30代独り身の寂しさと逃れる術は まとめ

 

これまで独り身の寂しさとその対処法を説明してきました。

それを簡単にまとめると

独り身の寂しさは
  • 病気の時、独りで寝込んでいるハメに
  • 結婚した友人と疎遠になる
  • 自宅に独りぼっちで毎日過ごす
  • 街中などで家族連れやカップルを見て寂しい思いをする
  • 自分の子どもを作れず何も残せない
寂しさの対処法は
  • 結婚し家族を作る
  • 仕事や趣味に没頭し寂しさを忘れる

独り身は気楽で自分の好きなように生きれます。

しかしそれは自分を愛してくれる人を持たないということでもあります。

人間は独りぼっちでは生きていけません。

だから自分の家族を作り、幸せを掴もうとするのです。

人間の幸せは愛する人と幸せを共有して生きることなのです。

・シングルマザーと言った途端、恋愛対象から外された
・再婚したいけど、なかなか相手が見つからない

そんな悩みはありませんか?

異性の受けも悪くないのに、子どもがいる事を伝えたら
急にそっけない態度を取られたり・・・
バツイチというだけで、色眼鏡で見られたり・・・

でも、貴方は悪くありません。
貴方の事情を理解してくれる、素敵な異性と巡り合っていないだけなのです。

マリッシュというアプリでは

・再婚
・シングルマザー

などの事情を理解してくれる異性を
スマホでたった数分、検索するだけで無料で見つけられます。

ありのままの貴方を愛してくれる人を探しますか?
色眼鏡で判断されて時間を浪費し、一生を棒に振りますか?


今以上に年齢を重ねて、相手にされなくなる前に、初めてみませんか?

「再婚を考えている人って、どんな人かな?」
「シングルマザーを受け入れてくれる人って、どんな人だろう?」

ちょっと覗いてみるだけでも、異性に対するイメージが変わるかも?
女性は完全無料で全てのサービスが利用可能♪
ダウンロードはこちら↓
無料でダウンロードする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です