家事をしたくないから結婚しない!?家事の負担は減らせます!

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?ダウンロードはこちら⇩

マリッシュ
婚活ダメ子
結婚はしたいけど、正直家事はしたくない。これじゃあやっぱりダメ!?

結婚したくない理由は人それぞれですが

最近では【家事をしたくない】から【結婚しない】という人もおられる様です。

とはいえ生活していく以上、独身でも結婚していても

【家事】はどうしても避けられない大切な問題ですね。

今回は

  • 女性が家事をしたくない理由とその解決法とは!?

についてアドバイスしていきます。

女性が家事をしたくない理由とは!?

 

女性が家事をしたくない理由、それは

  • 評価されない
  • 休日や終業時間がない
  • 疲れていても家事をしなくてはならない

主にこの3つです。

順番に見ていきましょう。

評価されない

料理、掃除、洗濯。

言葉にすると短い単語で終わってしますが

一つの作業を全部終えるためにはまず下準備が必要です。

例えば料理を作るには

  1. 冷蔵庫の残っている食材を把握する
  2. 家族の好き嫌い、栄養のバランスを考え献立を決める
  3. 仕事帰りにスーパーで食材を買う
  4. 今日使わない食材は冷蔵庫にしまう
  5. 材料を切り料理を作る
  6. 調理に使った器具を洗い、拭いて棚に戻す
  7. 食べたお皿を流しに持っていき、洗って拭いて棚にしまう

簡単に工程を並べただけでも

これだけの事をしなければ食事をする事は出来ないのです。

【お肉など安い時にまとめ買いしたもの】

【下ごしらえしておくと便利なもの】などを切ったりラップに包んだり

という作業も当日はしていなくても「料理」に入るでしょう。

こうした一つ一つは時間のかからない作業でも

すべ重なれば2時間、3時間はあっという間に過ぎていくものです。

そんな時、仕事から帰って来た夫から

あれ!?まだご飯できてないの?

などと感謝のカケラもない言葉を聞いた時

A子
じゃあ、あなたが作ったらいいでしょう!?

と怒りたくなる気持ちになりますよね。

男性は「料理」と聞くと

【食材を切って調理するだけ】と思っている事が多いようです。

確かにそれなら30分程度で完成するかもしれません。

ですが実際には細かい作業がたくさんある為、料理ができあがるには時間がかかります。

料理をする人としない人の間には

【この認識の違い】があるので

一生懸命やっても全く評価されず、先程のような険悪な雰囲気になってしまう事も・・・

このようなすれ違いをなくすには一度機会を作って

夫に全工程を一人でやってもらうのです!

帰宅時間が遅いなどの理由で夫が食事を作れないのは仕方がないですが

共働きなら基本的に家事は分担するのが良いでしょう。

その為にも料理のスキルを身に付けるのは大事な事です。

休日でゆっくり時間のとれる時「主菜、副菜、汁物」の献立を考えて

自分でスーパーに買い物に行き

下ごしらえら食べた後の洗い物までを全てやってもらうのです。

休みの日に何でそんな事しなくちゃいけないの!?

という文句が出るかもしれませんが

  • 共働き夫婦の家事は二人で公平に負担する
  • 男性も料理はできたほうがいい

ことを説明し協力してもらいましょう。

身を持って体験すれば

【料理は簡単にできるものではない】ことを分かってくれるのではないでしょうか?

そして大変さが分かったら、いつもおいしい料理を作ってくれるあなたに

感謝してくれること間違いなしです。

休日や終業時間がない

会社勤めの男性なら残業はあるかもしれませんが、始業時間と終業時間は決まっています。

その他の仕事でも職場を離れれば

「今日の仕事は終了。また明日」

という気持ちで家路につく事ができるでしょう。

でも主婦の場合は違います。

24時間、365日主婦の仕事には休みがないのです。

朝起きて食事の準備、身支度を整えて出勤し仕事が終われば

買い物をしてから家に帰って料理の下ごしらえ。

ひと息ついても夫が帰れば晩ごはんの用意・・・

休日も

A子
調味料が切れてたから買いに行かなきゃ。今日の献立は何にしよう?

こんな風に一日中家の事を考えているので

【「家事」から完全に離れる時間はほとんどない】

といっても過言ではないかもしれません。

あれこれ考えているのに

あれ!?耳かきどこいったっけ?

と聞かれたりすると

A子
前にも言ったでしょ!?それぐらい覚えておいてよ

とため息が出る事も・・・

もし自分だけ家事の負担が大きいと思うのなら、こういう時こそダンナ様に頼ってみませんか?

物のありかを何度も聞いてくる】

これは

【自分で物を収納していないから起こる現象】なのです。

ですから買い物に行って買ってきた物をしまう時は

なるべく夫にしまってもらいましょう。

まずはキッチン周りや日用品から始めていくといいかもしれません。

自分でしまえば必要になった時、何となく覚えているものです。

調味料や石けんなどが切れた時も、場所が分かっていれば

自分で補充する事も可能になります。

また

ピンポイントで家事を手伝ってもらう習慣も身に付けてもらいましょう。

例えば

【トイレ掃除やお風呂、洗面台を磨く】など

キレイになる事でやった効果がすぐに見えるものがいいですね。

この時大事なのは【褒める事】です。

例えばお風呂掃除をしてもらったら

A子
すごーい!隅々までキレイになってる!男の人は力があるからやっぱり違うね

と手放しで褒めてみましょう。

男性は顔にはあまり感情が出ませんが、内心はとても喜んでいるものです。

嬉しくなったら

次は何したらいい!?

積極的に家事に参加しようと思ってくれるかもしれませんね。

疲れていても家事をしないといけない

A子
今日の仕事、本当にキツかった。このまま何もせずに寝たい・・・

こんな一日、働いている人なら誰でも経験がありますよね。

でも結婚して家族がいるとそういう訳にはいかない事も・・・

こういう理由で「家事をするのは嫌だから結婚したくない」

考える女性もおられるかもしれません。

でも「家事」はその人の考え方で多少手を抜く事も、反対に徹底的に時間をかけてする事もできる仕事です。

ですから疲れてご飯を作りたくない日。

たまに買うスーパーの惣菜や宅配ピザに罪悪感を持たなくて構いませんし、

掃除は2~3日しなくても死ぬわけではありません。

足りないものがあっても「どうしても今日必要」というものも

あまりないような気がします。

そう考え方を変えたら少し楽になってきませんか?

家事はあなただけがするべきものではありません。

夫婦2人で協力し合って進めるのがベストです。

その為には

最初に「協力してもらえそうな男性」をパートナーに選べばいいのです。

そうすれば「結婚後の家事」もそう大変なものではないかもしれませんよ!

女性が家事をしたくない理由とその解決法は!?のまとめ

 

今回の話をまとめますと

女性が家事をしたくない理由とは!?
  • 評価されない
  • 休日や終業時間がない
  • 疲れていても家事をしなくてはならない
家事をしたくない女性のための解決法は?
  • 夫が断片的にしか見ていない家事を、一度すべて自分でやる事で大変さを知ってもらう
  • ピンポイントで夫に家事をお願いする。褒めて伸ばせば重要な戦力になる
  • 「今日しなくてはならない家事」はそれほど多くない。考え方を変えてみる

今回は

【女性が家事をしたくない理由とその解決法とは!?】

にスポットを当ててみました。

家事に関しては

【男性より女性の方が細かな点に気づきやすい】

という事もあり、どうしても女性の負担が増えがちになります。

ですが自分の選んだ人と結婚し、一緒に暮らす経験は

大切な何かをあなたに与えてくれるかもしれません。

大事なのは【家事に協力的な思いやりのある男性を選ぶ】事です。

そうすれば結婚して家事が負担になるというデメリットより

結婚のメリットや幸せを感じる回数の方がきっと多くなるのではないでしょうか?

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です