結婚したい症候群って一体何?その原因と対処法を大公開!

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?ダウンロードはこちら⇩

マリッシュ

「結婚したい」

あなたがその言葉を頻繁に口にするようになっていたとしたら、それは結婚したい症候群かもしれません。

正直に言って、その状態は婚活において危険信号ですよ。

では、何故危険信号なのか?

結婚したい症候群とは一体何なのか?

今回は結婚したい症候群になる原因と問題点を探っていき、どのようにすれば対処していけるのかを探っていきましょう。

結婚したい症候群とは?

 

「結婚したい症候群」

とは、結婚に対して強い願望を持つことを指します。

では、その原因とは何でしょうか?

結婚したい症候群の原因

結婚したい症候群に陥る原因として、次のものが挙げられます。

  • 周りの結婚ラッシュ
  • 両親や身内からのプレッシャー
  • 出産への焦り
  • 孤独感

それぞれの特徴を見てみましょう。

周りの結婚ラッシュ

特に、女性の場合は結婚・出産をすると、自由な時間は減ってしまいます。

今までのように友人と出かけたり、一緒に過ごす事は少なくなりがちです。

いつも休日や仕事帰りに会っていた友人達が次々と結婚していくと

「自分ばかりが取り残されてしまう」

と焦る気持ちが起きるのは当然です。

両親や身内からのプレッシャー

これも、女性にはよくあることですね。

私も婚活中に出会った複数の女性から

「母親と顔を合わせれば、結婚の話ばかりされてうんざりする・・・」

「いい人がいれば、実家に連れて行くから黙って見守って欲しい・・・」

という話を何度も耳にしました。

本人に結婚願望がなくても、周りから色々言われると

「結婚しなくちゃ」

と焦ってしまいますよね?

出産への焦り

「将来的に子どもを持ちたい」

と希望している場合、年齢を重ねていくにつれて結婚を焦ってしまいます。

近年では高齢出産も珍しくありません。

しかし、やはり出産にはタイムリミットがあるのも事実です。

孤独感

年を重ねていくとふと

「このまま老後をたった1人で迎えるなんて耐えられない」

と焦ってしまう事があります。

また、自分や身内が病気になった時、つい弱気になったり

「こんな時、誰か側にいてくれないだろうか?」

というような経験をした人もいるでしょう。

そんな時、やはり

「結婚したい」

と思う人も少なくないようです。

結婚したい症候群の問題点

基本的に

「結婚したい」

と思うこと自体は決して悪いことではありません。

しかし、結婚を焦りすぎると悪い方向へ向かってしまうかもしれません。

問題点として、以下のようなものが考えられます。

  • 結婚を焦って、恋人に迫りまくってしまう
  • 結婚に夢を見すぎて現実が見えなくなる

その結果として

  • かえって結婚から遠ざかってしまう
  • 相手探しの基準がブレて、理想が高くなってしまう

という事になりかねません。

結婚したい症候群の対処法

 

結婚したい症候群の問題点について見てきましたが、では一体どうすればいいのでしょうか?

対処法をいくつか挙げてみましょう。

結婚のメリット・デメリットを洗い出す

結婚したい症候群に陥っていると、つい結婚の良い所ばかりに目がいってしまいます。

しかし、結婚することによって、

  • お金や時間の自由が利かなくなる
  • 結婚相手や親との意見の食い違い(衝突)が起きる

など、デメリットもあります。

自分にとって何がメリットでデメリットなのか、考えてみましょう。

そうすることで、結婚について冷静な判断ができるようになりますよ。

何故結婚したいのか理由を明確にする

一体何故こんなにも強く

「結婚したい」

と思うようになったのでしょうか?

「結婚した友人がとても幸せそうだから」

「子どもが可愛くて、早く自分も欲しいから」

その理由が前向きなものであれば、結婚に向けて行動を起こしてみるのもいいと思います。

「独身の友達がいなくて、遊んでくれる人がいない」

「自分が結婚できないと認めたくない」

など理由が後ろ向きなものであれば、結婚以外の解決策も視野に入れておきましょう。

行動を起こす

「結婚したい」

口にする割には、婚活していなかったり、何かにつけて受け身になってはいませんか?

そういう人は普段から決断を人に委ねてしまったり、誘われてもなかなか返事をしなかったりする傾向があります。

しかし、結婚相手は待っていてもなかなか現れてくれないもの。

まずは、行動を起こしてみましょう。

結婚したい症候群は何?その対処法のまとめ

いかがでしたか?

結婚したい症候群の原因は、

  • 周りの結婚ラッシュ
  • 親や周囲からのプレッシャー
  • 孤独感

などが挙げられます。

しかし、結婚したい気持ちが強い事自体に問題があるわけではありません。

問題点は、

  • 結婚を焦って、恋人に迫りまくってしまう
  • 結婚に夢を見すぎて現実が見えなくなる

結果として、

  • かえって結婚から遠ざかってしまう
  • 相手探しの基準がブレて、理想が高くなってしまう

ことにあります。

対処法として

  • 結婚のメリットデメリットを洗い出す
  • 結婚したい理由を明らかにする
  • 婚活を始めるなど行動を起こす

が挙げられます。

結婚は自分1人が努力して何とか出来るものではありません。

また、

「相手さえいれば」

とか、

「(親など)誰かが紹介してくれれば」

と人任せにするものでもありません。

相手に歩調を合わせていくことと、自ら行動することの両方が大事なんです。

とは言え、相手が決まっていない段階では具体的にイメージすること自体が難しいのも事実です。

そこで、

「自分が幸せになるために何が必要なのか」

「人生の中で何が重要だと考えているのか」

もう一度自分の気持ちと向き合って考えてみましょう。

そうすれば、きっと結婚したい症候群から抜け出せますよ。

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です