共働きは当たり前!夫婦共働きの理由とそのデメリットとは?

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?ダウンロードはこちら⇩

マリッシュ

夫婦の形は夫が仕事、妻が家事というイメージを持っている人が多いです。

ですが最近は夫婦共働きの世帯も増え、当たり前になりつつあります。

今回は夫婦共働きを

  • 共働きをする理由
  • 共働き故の苦労

この2つのキーワードに分けて解説していきます。

共働きを選択する理由とは?

 

昔、夫婦の形は夫は仕事、妻は家事と育児と分担ができたのが当たり前でした。

ですが近年、夫婦の共働き世帯が増えています。

1980年には専業主婦の世帯は1100万世帯に対して、共働きは610万世帯2:1の比率でしたが

1991年に専業主婦の世帯が888万、共働きが877万と比率を縮めていき

2018年には専業主婦の世帯が600万、対して共働きが1219万と完全に逆転して1:2となりました。

つまり夫婦の形は共働きが当たり前になってきているのです。

でも夫婦が共働きの選択をしたのはなぜでしょう?

それはこの2つの理由があります。

収入の足しにしたい

お金、それは生きていく上で絶対に稼がないといけません。

日々の生活でお金を使う機会はたくさんあり

  • 食費、光熱費などの生活費
  • 子どもの養育費、学費
  • 家のローンや家賃

お金がなければ生活すらできません。

今までは夫一人が仕事をして収入を得ていた世帯が大多数でした。

しかし、以前と比べ1人で世帯全体を賄える収入を得ることが難しい状況ができました

  • 雇用形態が不安定(非正規雇用など)
  • なかなか昇給しない
  • 子どもが大学まで進学することが当たり前になり、学費がかかる

この不足分を補うために共働きを決断する夫婦が増えたのです。

今後も大学進学率の上昇や雇用形態の不安定な状況が続けば夫婦=共働きが当たり前の社会になるでしょう。

女性の社会進出が当たり前になった

最近は女性の社会進出が広がり、女性が働きやすい環境が出来つつあります。

昔は結婚したら退職するのが当たり前でした。

最近は結婚後もそのまま働き続ける女性や育児が落ち着いたら職場に復帰する女性も増えています。

国も女性が社会進出を促す女性活躍推進法を制定しました。

それに基づく様々な政策を実施し、環境が少しづつ整えられています

こうした環境の変化により女性が仕事からリタイヤする必要がなくなりました。

女性が仕事をしながら結婚も子育てもできる。

このスタイルが今後の女性の姿になり、共働きが常識となるでしょう。

共働き夫婦のデメリットとは?

経済的理由や世間の風潮で共働きの夫婦が当たり前になっていますが、共働きの生活には弊害があります。

共働き夫婦には苦労もあり、その解決に手間がかかるのです。

ではどんな苦労があるのでしょうか?

その苦労はこの2つにあります。

夫が家事や育児をやってくれない

夫婦で生活を送るには家事や育児を協力していかなければいけません。

特に共働き世帯は二人とも働いているのでこれはとても重要です。

  • 夫婦でどの家事を分担するのか
  • 子どもの面倒はどう分担するのか
  • 子どもの送り迎えは誰がするのか

これをちゃんとやらないと夫婦の仲が悪くなってしまいます。

ですがこの家事・育児の分担が出来ていない事が多いのです。

それは家事・育児は女の役割という考えがまだ社会では色濃く、夫が興味を示さないのです。

女性にすれば仕事に家事・育児の全てを押し付けられたらたまらないでしょう。

  • 家事・育児を全てやる
  • 仕事もやらないといけない
  • 夫は進んで手伝う素振りも見せない

それでは結婚生活が地獄と化してしまいます。

共働き夫婦は家庭内の役割分担が出来ていないといけないのです。

子どもの面倒がしっかりできない

結婚したら子どもが出来るケースが多いと思います。

しかし共働き夫婦だと問題を抱えることも多いです。

  • 子どもを預ける保育園が見つからない
  • 急に病気になったら誰が看病するの?
  • 幼稚園・学校などの行事の参加は?
  • 日中、子どもが家で独りぼっち

これらの不安な心配事が起きてしまいます。

専業主婦だと十分にやれる事もやれない可能性があります。

そのため夫婦間で誰がどの役割をやるか決めておかないといけません。

ですが男性は家事・育児の役割は女性という考えの方もいて手伝わない例もあります。

共働きの夫婦は双方がちゃんと向き合い、助け合う必要があるのです。

  • 病気の時、看病は誰がやる
  • 学校の行事の参加は誰が行く

夫婦でどうにもならなかったら双方の両親や親族に協力を求める。

子どもは1人では何も出来ません。

寂しくても、辛いことがあっても子どもは1人で抱え込むしかありません。

両親が忙しくて構ってくれない時は特にそうです。

親の都合で子どもに辛い思いをさせることは絶対にあってはいけないのです。

共働きは当たり前!夫婦共働きの理由とそのデメリットのまとめ

 

夫婦の共働きをしている理由と苦労を解説してきました。

それを今一度振り返ってみましょう。

共働きをしている理由は
  • 収入の足しにしたいから
  • 結婚しても働き続けやすい環境になったから

経済的理由の他に共働きを社会的に受け入れやすくなったのです。

では、共働きによる苦労は何でしょう?

共働きの苦労
  • 夫が家事・育児に積極的になってくれない
  • 子どもの面倒に集中できない

共働きは良い面も悪い面もあるのです。

今後共働き夫婦が大多数を占め、共働きが当たり前の時代が来るでしょう。

ですがそれには解決しなければいけない事がたくさんあり、それを夫婦で力を合わせ解決することが必要なのです。

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です