専業主婦って本当に勝ち組なの?多くの人が誤解している事とは?

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?ダウンロードはこちら⇩

マリッシュ

あなたは専業主婦ってどんなイメージがありますか?

「ご主人の給料が高くて羨ましい」

「働かないって、いいわね」

共働き家庭が主流の現在、確かに夫の収入だけで生活できるのは羨望の的です。

専業主婦というだけで、今では「勝ち組」と言われます。

女性がキャリアを積んで職場でいくら評価されても、独身だと勝ち組とは言われません。

女性の社会進出が普通になった現在でも、結婚しないと世間で認めてもらえないのです。

日本では自分の意志で、結婚より自分の夢を選ぶと、結婚できない可哀そうな人にされます。

結婚という制度に縛られ、特に女性は人格までが決めつけられるのです。

更にこの国では、結婚の中身にまでこだわって優劣を決めたがります。

専業主婦というだけで、誰が決めたか勝ち組です。

しかも、それに見事に踊らされる女性たち…

そんなに専業主婦は憧れるほど素晴らしいのでしょうか?

今回は専業主婦について本当に憧れに足るものなのか、次のように深掘りします

  • 専業主婦になるためには?
  • 専業主婦は勝ち組なの?

あなたが人生の勝ち組になれる事を願いつつ…

専業主婦になるためには?

専業主婦になりたいのは何故?

  • 子育てに専念したい
  • もう働きたくない
  • 憧れがある

夫婦が共働きすることを前提とした結婚には、女性は多くのリスクがあります。

家事は夫婦で分担すると決めても、余程マメな夫でなければ大半は妻の役目です。

子どもが生まれると育児の中心は、やはり妻になります。

仕事から疲れて帰って、食事の支度などの家事は大変です。

そこに子どもが増え、家事プラス育児では殆ど寝る間もありません。

これがまだ20代なら若さで乗り切れるでしょうが、30代40代では疲れが溜まるばかりです。

あっという間に夫婦の会話も減り、つまらない事で喧嘩になってしまいます。

「家にずっと居られたら何でもできるのに」

でも家計を考えると仕事を辞める事はできません。

「専業主婦っていいなあ」

鏡に映る寝不足の顔が、何だかやつれて見えるのです。

専業主婦の夫のタイプとは?

  • 経済力がある
  • 妻には家庭に入ってほしいと望んでいる

専業主婦のイメージの代表的なものが、夫の経済力です。

夫の収入が少なければ当然共働きになります。

公務員は給料自体は高くなくても年数と共に上がるので、生涯安定した生活です。

そして何より妻を働かせたくないと考えている夫でなければ、専業主婦にはなれません。

忙しい男性にとって家を任せられる妻の存在は、安心して仕事に集中できるのです。

専業主婦になれる条件とは?

  • 家計の管理ができる
  • 料理や家事ができる
  • 育児を任せられる

元々男性が、妻になる人には家庭を守ってほしいと考えている事が第一条件です。

しかし付き合ってみて、とても家庭を任せられないと思えば交際すら消滅します。

お金の使い方が派手だったり、外食ばかりで得意料理の一つも出せない女性では男性も不安です。

男性がいくら働いても、これではお金は貯まりません。

女性が働きたくないから自分と結婚しようとしてると思われても仕方がないでしょう。

楽をして生きていきたい女性には子育ても任せられません。

そんな女性に大事な我が子の教育を任せるなんて、考えられない事です。

専業主婦になりたければ、料理の腕前を上げたり家計のやり繰りや家事全般できる女性になりましょう。

専業主婦は勝ち組なの?

勝ち組といわれるのは何故?

  • 仕事をせずに暮らせる
  • 家事や子育てに集中できる
  • 自由に時間が使える

女性が結婚をして家庭に入ると、先ず羨ましがられます。

仕事が好きな女性は結婚しても辞めませんが、大抵の女性は家計のために辞められません。

そんな世の中で仕事をせずに主婦業に集中できる生活は憧れの対象です。

大抵の主婦は子どもの教育費や家のローンなど夫一人では足りない分を補います。

余裕は無く、毎月ギリギリで何とかやり繰りしているのです。

周りがこうして共働きしている中、専業主婦は家事の合間に自由な時間を過ごします。

趣味や習い事も自由にできるのです。

今、共働き家庭が主流の世の中では専業主婦は羨望の的であり、勝ち組といえます。

勝ち組の悩みとは?

  • 家事には終わりがない
  • 単調な家事に飽きてくる
  • 夫が妻に子育てを任せっ切り

いくら周りから勝ち組と羨ましがられても、悩みの無い人はいません。

贅沢と言われても、勝ち組にも悩みはあるのです。

共働きならば、日常的に時間が無いので家事が手抜きになっても仕方がない空気があります。

けれど、専業主婦は時間はたっぷりあるので、家事の手抜きはありえません。

そもそも夫が妻に専業主婦になって欲しかった理由は、家事を完璧にしてほしかったからです。

それによって、夫は心置きなく仕事に専念できます。

夫が疲れて帰って心が安らぐのは、妻の笑顔と綺麗な部屋と美味しい料理です。

また専業主婦といえども、子どもが生まれれば自由な時間は完全に無くなります。

そうなると、逆に仕事に出た方が気分転換になりそうです。

しかし、夫は初めから子どもを妻任せにしがちで子育てに協力的ではありません。

にとっては、愚図る子どもを抱えて孤独に押しつぶされそうになります。

勝ち組と呼ばれた手前、プライドが邪魔して誰にも相談できません。

相談できたとしても、何を言っても贅沢と一蹴されて益々孤立するだけなのです。

専業主婦の勝ち組になるには? まとめ

 

専業主婦になりたいのは何故か?
  • 子育てに専念したい
  • もう働きたくない
  • 憧れがある
専業主婦の夫のタイプとは?
  • 経済力がある
  • 妻には家庭に入ってほしいと望んでいる
専業主婦になれる条件とは?
  • 家計の管理ができる
  • 料理や家事ができる
  • 育児を任せられる
専業主婦が勝ち組と言われるのは何故か?
  • 仕事をせずに暮らせる
  • 家事や子育てに集中できる
  • 自由に時間が使える
勝ち組の悩みとは?
  • 家事には終わりがない
  • 単調な家事に飽きてくる
  • 夫が妻に子育てを任せっ切り

人間は誰しも苦労せずに済むなら避けて通りたいのが本音です。

女性にとって結婚は人生の大きな分岐点といえます。

この人なら大丈夫と思って結婚しても、人生は何が起こるか全く分かりません。

恋愛結婚の場合、男性の容姿や人柄に惹かれて交際し結婚します。

男性の収入が少なくても愛情が強い分、苦労も覚悟の上です。

その点、婚活をすれば最初に条件が提示され、良ければ最終的に結婚となります。

今時、専業主婦になるのは確かに勝ち組に入るでしょう。

それでは年収が良く、妻には家庭に入って欲しい男性なら誰でもいいのでしょうか?

条件ばかり気にしては、結婚できても不幸の種です。

特に注意してほしいのは、高収入、専業主婦希望の男性の中には女性を見下す人間がいます。

結婚しても自分で財布を握り、必要な金額しか渡さない夫もいるのです。

そんな男性に収入だけで騙されないようにして下さい。

そもそも、あなたは家庭を守っていく自信はありますか?

主婦はしっかり家計簿を付けて家計の無駄を省き、貯蓄に回す賢さが求められます。

また、夫の健康を考えた美味しい食事は夫婦円満の秘訣でもあり、手抜きはNGです。

家事を手抜きせず、しっかりこなせばやり甲斐もあり退屈にもなりません。

ここまで出来るなら、自信を持って専業主婦宣言ができます。

実は、専業主婦はあなたが想像するより楽ではありません。

専業主婦ならではの努力をする必要があるのです。

すっかり安心して手抜き料理を出してると、夫に愛人ができるかもしれません。

一生懸命に夫に尽くして、結果的に幸せになるのが本当の勝ち組なのです。

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です