婚活で付き合う相手をどう決める?そのきっかけは一体何?

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?ダウンロードはこちら⇩

マリッシュ

婚活をしていると、ある程度好印象が持てる相手と出会うことはできます。

しかし

「絶対にこの人じゃなきゃダメ!とまで思えない・・・」

「婚活相手にときめきを全く感じない」

「本当にこの人が結婚相手でいいの?」

と言って相手と付き合うのをためらっている女性はとても多いです。

婚活がきっかけで出会ったとしても、ときめいたり、相手に恋愛感情を抱きたい気持ちは分かります。

しかし、恋愛感情なしに異性と付き合うのが嫌な方は、婚活を続けるのは辛くなるでしょう。

結婚=恋愛感情ありきという概念を一度忘れてしまった方が楽ですよ。

「じゃあ、恋愛感情なしのお付き合いってどんなの?」

と思いますよね。

婚活で出会って結婚した人達は一体どんなきっかけで交際をスタートさせたのでしょう?

今回は、婚活で相手と付き合うかどうか悩んだとき、どのように考えていけば良いのかについてお伝えします。

婚活相手と付き合う決め手とは?

 

私は婚活中に

相手のことがよく分からないうちに、付き合ったり結婚なんて考えられないな。

そう言って、交際をためらっている女性によく出会いました。

でも、婚活ってある程度スピード感が大事なんです。

何故なら、普通の恋愛と違って

  • 他にも出会いのチャンスはたくさんある
  • 交際をためらっていると、キープされていると思われる
  • 脈がないと判断されてしまう

からです。

とは言え

「一人に絞ってしまうと、他の人と出会うチャンスがなくなってしまう」

と考えて、不安になる人もいるでしょう。

しかし、どんなに候補が多くとも結婚出来るのはたった一人です。

結婚ってタイミングやご縁もあるので、相手に問題がなさそうなら、まずはお付き合いしてみる事をオススメします。

交際を始める上で確かめておきたいこと

 

「彼について、特に嫌だと感じることはない」

と感じたなら、とりあえずは相手に問題がないと判断してもいいでしょう。

でもちょっと付き合うのは待ってください。

婚活では、相手の年収や年齢、出身地や家族構成などプロフィールが分かっています。

もしその中に嘘が書いてあれば、結婚相手として条件が合わなくなってしまいます。

付き合うのは、本当に条件が合っているのか確認してからにして下さいね。

では、一体どんなことを確かめればいいのでしょうか?

以下の3点を押さえておきましょう。

  • 結婚に関してどう思っているのか?
  • 家族や友人など周りの人はどんな人たちか?
  • お金の価値観は?

一つずつ見ていきましょう。

結婚についてどう思っているのか

相手が結婚生活に求めるものを聞いてみましょう。

「子どもはたくさん欲しい」

「結婚後も仕事を続けていきたい」

など、その考え方や価値観が自分とズレていないかもう一度確かめてみましょう。

「そんなに突っ込んだこと聞いてもいいの?」

と思うかもしれません。

しかし、相手も婚活中です。

いざ、交際を始めて条件が合わなかった・・・なんて事になると、お互いにとっても良くありませんよ。

家族や友人のことを聞いてみる

結婚って二人だけの問題ではありません。

お互いの家族や友人との付き合いもしていかなければなりません。

さらに、家庭環境や友人関係は、その人の人格を形成します。

家族や友人に関する質問をすれば、相手がどんな人かわかってきますよ。

お金の価値観は?

結婚生活では、収入に見合った暮らしは必須です。

しかし、どこにお金を使うかは人それぞれ。

そこで

  • プロフィールと実際の年収に大差がないか
  • お金の価値観が合うかどうか

を確かめておきましょう。

デートの時に相手の持ち物や服装をさりげなくチェックしたり、どんな店を選ぶかなど観察してみましょう。

「高収入のわりに、財布が布製で汚れていた・・・」

「年収が800万超えているのに、デートがファミレスだった・・・

などでしたら、収入について嘘をついている可能性ありです。

そもそも結婚生活に恋愛感情は必要か?

 

例え婚活で出会って結婚したとしても

「この人とならずっと一緒にいられる」

という相手でなければ、その後の結婚生活で満足感を得ることは難しいでしょう。

では、恋愛感情やときめきのない結婚生活では幸福感は得られないのでしょうか?

いいえ、実はそうではありません。

結婚生活は長いです。

そのうち、子どもが生まれれば必然的に二人の関係は変わります。

夫・妻に加えて父親・母親という役割を担うようになるからです。

それに相手にずっとドキドキしていては落ち着きませんよね?

それぞれのライフステージや担う役割によって相手に対する気持ちも変化して当然です。

それに、結婚してからだって二人の時間を楽しむことはできます。

恋愛感情やときめきは、相手を少しずつ理解していく過程で後から湧き上がることもありますよ。

婚活で付き合う相手をどう決める?そのきっかけは?のまとめ

いかがでしたか?

婚活相手と付き合う決め手は

「一緒にいて嫌だと感じないかどうか?」

でした。

しかし、重要なことは事前に確かめておく必要があります。

確認しておくポイントは

  • 結婚に関してどう思っているのか?
  • 家族や友人など周りの人はどんな人たちか?
  • お金の価値観

で、本当に相手が結婚したい人の条件に合っているのかという事です。

また、そもそも結婚に恋愛感情は必要不可欠ではないという事がわかりました。

婚活していると本当に迷うことが多くて、判断に困りますよね?

そもそも結婚という人生の大事な選択をするタイミングなので、迷うのは当然です。

もし、少しでも不安に思う事があれば、その都度

「何に不安を感じているのか?」

を自分に問いかけてみましょう。

その不安が解消されるまでは結婚しないというのも一つの対処法ですよ。

「まだ独り身なんだ、可哀想に」

「もう相手してくれる人いないんじゃないの?」

周りからそう言われ、家に帰って1人コンビニで買ってきた和風パスタをすする生活。

休日は家でゲームかユーチューブを見るだけ。

そんな寂しい生活を、あなたは一生続けるつもりですか?

「そんなこと言っても、仕事で忙しいし、相手なんか見つからないよ・・・」

そう思っていませんか?

今の時代、婚活アプリを使えば、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでもどこでも相手を探すことができますよ。

「婚活アプリって、出会い系でしょ?そういうの犯罪の温床って聞くし、危なくない?」

確かに無料の婚活アプリでは、そのような事件に巻き込まれる危険性はあります。

でも正直そんな所で相手も探してもリスクが高いし、時間の無駄ですよ。

使うのであれば断然有料の婚活アプリをオススメします。

その中でもマリッシュという婚活アプリが一番良いです。

このアプリは24時間365日、有人での監視・サポート体制をとっており、安心して使えます。

女性は完全無料で、男性も無料で登録できます。

悟史

うちの妻の後輩も、私が紹介したマリッシュで活動を続けて結婚できています。

また、私の知り合いにもマリッシュを勧めたところ、半年で結婚相手を見つけました。

今では2人とも愛情たっぷりの手料理で食卓を囲みながら笑いの絶えない家庭を築いております。

1人はやんちゃな男の子、もう1人はお腹に新たな命が宿っています。

私自身、この成功を心から嬉しく思っています。

あなたも、この幸せな生活を手に入れませんか?

マリッシュでは平均3ヶ月半

素敵なカップルが誕生しています。

あなたもその仲間入りをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です